奄美へ行ったら伝統の郷土料理「鶏飯」を食べよう

奄美へ行ったら伝統の郷土料理「鶏飯」を食べよう

記事更新日: 2016-06-22

ひさくら 鶏飯

最近はTVや雑誌などでも紹介されることの多くなった奄美大島。その中でも伝統郷土料理として多く取り上げられるのが「鶏飯」です。食べたことがない人には絶対に食べてもらいたい料理の一つです。今回はそんな鶏飯について紹介していきます。

鶏飯とは

ご飯の上に、錦糸卵・鶏のササミ・椎茸・ねぎ・海苔・パパイヤの漬物・紅しょうが・薬味(タンカンの皮を細かくしたものなど)などをのせて、熱々の鶏ダシスープをかけて食べる料理です。鶏ダシのコクと、薬味も合わさった爽やかな旨みのある具材が生み出す味は、本当に絶品です。お茶漬けのようにさらさらと食べることができ、何杯でもいけちゃいます。奄美ではお酒のシメにはラーメンではなく、鶏飯を食べる人も多いようです。以前には関東の大手コンビニから、鶏飯料理が限定で販売されておりましたが、やはり本場のお店で食べるものとは天と地の差もあるほど、現地での味は別格です。

ひさくら 鶏飯《具材》

ひさくら 鶏飯《鶏出汁》

ひさくら 鶏飯《盛り付け例》

 

奄美のお土産屋さんに行くと、各社こだわりの鶏飯のお土産があります。私もいくつか近所の方々やお世話になってる方へ買っていきましたが、とても好評でしたのでお土産を買うなら是非オススメです。

鶏飯おすすめのお店 「ひさ倉」

鶏飯を取り扱うお店は奄美大島内でもいくつもあります。その中でも、「ひさ倉」は特に有名で人気のあるお店です。

空港のある北部の国道沿いにあり、空港から車で約20分くらいの立地です。奄美についた初日か最終日にいつも立ち寄らせてもらってます。今度行く時には、初日と最終日の2回行きたいと思います(笑)

店内はとても広く、テーブル・座敷ともに用意され、子連れのファミリーや団体様も多く見受けられます。味にもこだわりを持ち、放し飼いで鶏を飼い、パパイヤ・タンカン・ネギなどは自家製栽培のものを提供しています。

皆様も是非奄美へ旅行の際には本場の味をご堪能ください。

【基本情報】

ひさ倉

  • 住所: 〒894-0101 鹿児島県大島郡龍郷町屋入511−1
  • 電話番号:0997-62-2988
  • アクセス:
    名瀬市内から車で約30分
  • 営業時間:11:00~21:00/ラストオーダー20:30
  • 定休日:年中無休
  • 駐車場:有
  • URL:http://www4.synapse.ne.jp/hisakura/index.htm

 

あっくん

この記事を書いた人 あっくん

他の記事を見る

トリッパーの運営スタッフです。年に数回、出張やプライベート旅行で国内各地へ行っています。 旅先での情報がみなさまのお役に立つよう楽しく為に成る記事をお届けしていきます。

follow!