カニ尽くし食べ放題&今が旬!いちご狩り食べ放題!伊香保温泉散策&まいたけセンター工場見学!日帰りバスツアー

カニ尽くし食べ放題&今が旬!いちご狩り食べ放題!伊香保温泉散策&まいたけセンター工場見学!日帰りバスツアー

記事更新日: 2016-04-22

かに食べ放題_原田農園

冬の味覚はいろいろとありますが、「海の幸」と限定すると、カニを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

そんなおいしいカニをお腹いっぱい食べられるのが、今回ご紹介する「【群馬】大盤振舞第三弾!これでもか!カニ尽くし食べ放題&今が旬!いちご狩り食べ放題!伊香保温泉散策&まいたけセンター工場見学!」ツアーです。

カニ以外にも気になる言葉が踊るこのツアーの見所を、順に見ていきましょう。

 

■酒蔵「誉国光」で清らかな水の大切さを知る

酒蔵「誉国光」

最初に訪れるのは、群馬の老舗の酒蔵「誉国光(ほまれこっこう)」です。

清酒「譽國光」を仕込むのに使われるのは、酒蔵の中庭から湧き出る水です。関東名水百選にも選ばれている、武尊(ほたか)山からやって来たこの水が譽國光の命。ここでの見学の中で、その重要性を知ることができるでしょう。

また、売店ではお酒だけでなく、特製の酒器やお酒に合う漬け物、さらにはこの地方の民芸品なども販売されています。お酒に何か一品付け加えると、より気のきいたお土産として喜ばれるかもしれません。

 

■茹でガニ、焼きガニ、天ぷらも!「原田農園」でのカニ尽くし

かに食べ放題_原田農園

お酒の香りで気分が盛り上がってきた所で、いよいよメインとなるカニ料理の登場です。

昼食を食べるために向かうのは「原田農園」の食事会場。季節ごとに旬の食材を使った料理が振る舞われるこの場所で、今回は茹でガニ・焼きガニ・カニ鍋など、大量のカニ料理が70分間食べ放題で味わえます。

ご飯もカニ飯で、そしてカニの天ぷらなどもあり、とにかくカニ尽くしの、カニ好きにはたまらない昼食です。

もしも早めに食べ終わってしまった場合には、お買い物も楽しんでいただけます。

 

■またまた食べ放題!デザート気分の「いちご狩り」

いちごいちご狩りイメージ

いろいろな味付けのされた料理を食べると、甘いデザートが食べたくなります。

次はタイミング良く「いちご狩り」です。豪華な昼食によって塩分の増えてしまった身体には、いつも以上にいちごの甘さが染み渡ります。

ここでもうれしい食べ放題ですが、昼食であまりカニを食べすぎると、いちごが食べられなくなってしまうかもしれません。「甘い物は別腹」とはいうものの、カニを食べる時に「次はいちご」ということを頭の片隅に入れておくと安心です。

 

■「伊香保石段街」で気ままな散策

伊香保_階段

群馬県の一大温泉地の「伊香保温泉」。この石段街では、1時間から1時間半ほど、のんびりと散策を楽しめます。

足湯ですこし身体を温めるのもおすすめですし、石段を昇り、伊香保神社に参拝してみるのも良いでしょう。

射的の店などもあり、ちょっとした温泉旅行気分が味わえます。

散策が終わる頃には、カニといちごでふくれてしまったお腹も元通りです。

 

■「群馬まいたけセンター」の100日栽培舞茸を味わう

群馬まいたけセンター

ツアーの締めとなるのは、ここ「群馬まいたけセンター」での工場見学です。

このセンターの自慢は「100日栽培」という特殊な栽培方法で、普通はその半分程度で育つ舞茸を100日かけてじっくりと育て上げ、味や香りを引き出しています。

ここでは、この舞茸を使った「舞茸バター炒め」や「舞茸味噌汁」といった商品を試食し、お土産として購入することもできます。

 

■カニだけでは終わらない欲張りなツアー

カニの食べ放題にとても力が入っているこのツアー。

確かにそれが大きな売りではあるのですが、お酒から始まり舞茸に至るまで、さまざまなものを飲み、食べ、買うことができる、とても満足感のある日帰りツアーです。

もちろん、食べるばかりではなく、伊香保での散策や酒蔵・工場の見学なども楽しめますから、「いろいろな物事に興味がある」という方にもおすすめです。ツアーから帰った後にお酒や舞茸を口にすると、これまでとはまた違った感動があるかもしれません。

トリッパー編集部

この記事を書いた人 トリッパー編集部

他の記事を見る

トリッパーを運営する株式会社トラベルマルシェのスタッフです。国内の北海道から沖縄までの旅行情報を発信し、皆様に楽しくなる旅行情報をお届けします。

follow!