和同開珎所縁の地!秩父市「聖神社」で金運アップは間違いなし

和同開珎所縁の地!秩父市「聖神社」で金運アップは間違いなし

記事更新日: 2016-02-29

和同開珎所縁の地!秩父市「聖神社」で金運アップは間違いなし

日本最古のお金《和同開珎》の生産地と云われる露天堀の遺跡がある埼玉県秩父市。ここは日本初の自然の銅が発見されたことから流通貨幣が作られるようになった日本貨幣史の歴史的なスポットです。その遺跡近くにある神社が『聖神社』で、俗に銭神様とも呼ばれ、ここを参拝するとお金に不自由しないと云われていいます。

「とにかくお金が欲しい」と云う方には必見の神社です。

聖神社の由緒

和同開珎所縁の地!秩父市「聖神社」で金運アップは間違いなし

708年、自然銅である“ニギアカガネ”が秩父の地で発見され、それが朝廷に献上されたのをきっかけとして日本最初の流通貨幣『和同開珎』が鋳造されました。これは大変めでたいことだと、朝廷は勅使を遣わして祝山に神霊の宿る神籬を建て、自然銅を神体として鉱山の神である金山彦尊を祀り、元号を“和銅”と改元したのです。

その後、現在の地に採掘された和銅13塊と金山彦命と国常立尊、天照大神、神武天皇の4柱の神体、そして天皇から下賜された銅製の百足雌雄1対をここに納めたのです。

これが現在の『聖神社』なのです。

和同開珎所縁の地!秩父市「聖神社」で金運アップは間違いなし

聖神社の社殿

和同開珎所縁の地!秩父市「聖神社」で金運アップは間違いなし

江戸時代に建てられた歴史ある本殿は、一間社流造銅板葺で大宮郷(現秩父市)の工匠である大曽根与兵衛により市内中町の今宮神社の本殿として建立されたもので、1964年に移築されて現在は文化財に指定されています。

拝殿は方三間の入母屋造平入銅板葺で、拝殿の右手に大きな《和同開珎》のモニュメントがあり、さも金運に効きそうな佇まいです。そして本殿には、自然銅である“ニギアカガネ”が祀られ、まさに和同開珎ゆかりの神社であることから「銭神様」とも呼ばれ、“お金儲けの縁起の神様”として人気なのです。

和同開珎所縁の地!秩父市「聖神社」で金運アップは間違いなし

聖神社のご神宝

和同開珎所縁の地!秩父市「聖神社」で金運アップは間違いなし

社殿の左手には『和銅鉱物殿』があります。

ここは宝物殿として、聖神社創建当時、採掘された和銅石13個の内現存する大小2個と、下賜の銅製の百足雌雄一対が御神宝として和同開珎や自然銅と共に保管されています。ムカデは足がたくさんあるので、お金に困らないとも云われていて、この辺りも「銭神様」と呼ばれる所以の一つとなっています。

和同開珎所縁の地!秩父市「聖神社」で金運アップは間違いなし

聖神社のご利益

和同開珎所縁の地!秩父市「聖神社」で金運アップは間違いなし

神社の左側には、宝くじなどで当選した方の御礼状が奉納され、聖神社の大いなるご利益を感じるとともに、嫉妬の念も湧いてくるのは私だけではないでしょう。

また、境内には絵馬も奉納され、そちらにも数々の祈願や御礼が奉納されているのです。

和同開珎所縁の地!秩父市「聖神社」で金運アップは間違いなし

聖神社のお守り

和同開珎所縁の地!秩父市「聖神社」で金運アップは間違いなし

ここまで来れば何となくそのご利益の有難みが心にしみてくるわけで、参拝した後はやはりお守りを授与いただくのが良いでしょう。

お守りにもいくつかあるので、気に入ったものが一番ですが、おススメは財布などにも入れて置けるかさ張らないカード型のお守りです。肌身離さず身に着けて入れは、いつかきっとお礼参りに伺える日も近いでしょうね。

和同開珎所縁の地!秩父市「聖神社」で金運アップは間違いなし

和銅散策

歴史的にも大変貴重な場所である秩父市黒谷のは、先の和同開珎の遺跡があり、和銅遺跡ミニツアーなども行われているので、併せて楽しまれてはいかがでしょうか。

ライター 薄荷脳70

この記事を書いた人 薄荷脳70

他の記事を見る

follow!