アートの地・香川高松の人気おすすめ観光スポットランキングトップ5

アートの地・香川高松の人気おすすめ観光スポットランキングトップ5

記事更新日: 2019-06-02

直島

うどん県と呼ばれるほど、うどんで有名な香川ですが、中でも高松はアートの町として知られています。世界に注目された「瀬戸内芸術祭」の舞台となった島々での常設アート、おいしいうどんと自然、桃太郎伝説などなど、観光スポットがたくさんあります。

 

まる
香川と言えばうどんだよね!
しえ
香川県の高松って何が有名なの?
ベル
高松は美しい自然と、アートの地域として有名だよ!瀬戸内芸術祭の展示作品や、20世紀を代表する芸術家のイサム・ノグチ美術館もあるんだ!
まる
へ~!行ってみたい!どこがおすすめなの?
テスト画像
それじゃあさっそく、高松のおすすめ観光スポットをお伝えするね!

香川・高松のおすすめ観光スポットランキング5

アート・自然の魅力満載の香川・高松。うどんだけじゃない香川の魅力あふれる人気おすすめ観光スポットをランキング形式でご紹介します。

第5位 『北浜alley』倉庫街のおしゃれ商業施設

「北浜alley」は昔使われていた倉庫を改装した、一風変わった商業施設です。

レトロな雰囲気な倉庫には、おしゃれなカフェ、レストランや雑貨店などが並んでいます。高松駅からも徒歩約10分の好立地。車でお越しの場合でも、駐車場があるので安心です。

趣きある倉庫の景色を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごせるので、若者に人気のスポット。おしゃれな空間なのでデートでお立ち寄りはいかがでしょうか。レトロな空間は、フォトジェニックにもおすすめです。

基本情報
  • 【住所】香川県高松市北浜町4-14
  • 【営業時間】各店舗による

 

第4位 香川と言えば「うどん」おすすめ3選

香川グルメ

「うどん県」とも呼ばれる香川県。香川のこしの強いうどんは「さぬきうどん」と呼ばれ愛されています。香川に来たからには、さぬきうどんを是非味わっていかれるのをおすすめします。高松にもたくさんのうどん屋さんがありますが、その中でもおすすめの3店をご紹介します。

 

1. 「ざいごうどん本家わら家」

江戸時代から続く、伝統的なさぬきうどんが「たらい」で楽しめます。茅葺の美しい建物を楽しみながら、いただくうどんは格別。

約4〜5人前の「家族うどん」がおすすめ。ご家族でうどんをたらいから楽しく味わえます。もちろん1人前メニューもありますので、お一人でもいただけますよ。

基本情報
  • 【住所】香川県高松市屋島中町91番地
  • 【定休日】年中無休
  • 【営業時間】12~2月10:00~18:30、3~11月10:00~19:00
  • 土日祝・年末年始9:00~19:00(※ラストオーダーは閉店30分前)
  • 【公式HP】https://www.wara-ya.co.jp/

 

2.「もり屋」

本格的な手打ちうどんがおすすめの「もり屋」。高松琴平電鉄線空港通り駅からほど近い立地で、空からのご訪問の際にアクセスがいい店舗です。テレビにも取り上げられたことのある、職人こだわりの手打ち作業を見ることもできます。手打ちうどんだけでなく、かきあげも口コミ人気が高くおすすめです。

基本情報
  • 【住所】香川県高松市香川町川内原1575-1
  • 【定休日】毎週木曜日(祝日の場合は営業、その他不定期に休みあり)
  • 【営業時間】10:30~20:00
  • 【公式HP】http://www.mori-ya.jp/

 

3.手打ちうどん 鶴丸

カレーうどんが人気の「手打ちうどん 鶴丸」。香川県人も夜の締めにここのカレーうどんを食べることが多いとか。というのも、うどん屋さんは比較的早く閉まってしまうことが多いのですが、「鶴丸」では、20時から翌3時まで営業。遅くなった時にもうどんが味わえるのが嬉しいですね。

基本情報
  • 【住所】香川県高松市古馬場町9-34
  • 【定休日】日曜・祝日
  • 【営業時間】20:00~翌3:00  
  • 【公式HP】http://teuchiudon-tsurumaru.com/

 

第3位 「玉藻公園」

高松城跡 玉藻公園

日本三大水城のひとつに数えられる高松城跡。

水の中に佇む高松城の姿は優美で美しく、「玉藻公園」は高城城跡を解放して造られた公園です。このように水で囲まれたお城は日本でも大変珍しく、高城城跡は国の重要文化財に指定されています。

城の周りの水堀には当然コイが……と思いきや、水門は海に繋がっているため、堀内にはタイやチヌといった海の魚がいるのが玉藻公園の面白いところ。エサやり体験も楽しむことができます。

公園内には城を船で観覧できる「城舟体験」がおすすめです。船頭のガイドを聞きながら、高城城、香川の歴史に触れてみるのはいかがでしょうか。

基本情報
  • 【住所】香川県高松市玉藻町2−1
  • 【お問い合わせ】史跡高松城跡玉藻公園:087-851-1521
  • 【営業時間】日の出~日没
  • 【休館日】12月29日~12月31日
  • 【利用料】大人(16歳以上)200円、小人(6歳以上16歳未満)100円
  • 【公式HP】http://www.takamatsujyo.com/

 

第2位 桃太郎伝説の鬼ヶ島「女木島」

女木島

高松港からフェリーで20分ほど。「鬼ヶ島」で有名なのは「女木島(めぎじま)」。桃太郎が鬼退治に来た島と言い伝えられています。

女木海水浴場での遊泳や、鬼の灯台、鬼ヶ島大洞窟、なぜかモアイ像など、不思議な観光スポットがたくさんあるのが特徴です。

中でも鬼ヶ島大洞窟は桃太郎伝説の原点。ひんやりとした洞窟内を、ガイドの説明を聞きながら歩いてみるのがおすすめです。桃太郎伝説の生まれた美しい自然を堪能してください。

基本情報
  • 【住所】香川県高松市女木町
  • 【お問い合わせ】鬼ヶ島観光協会:087-840-9055
  • 【公式HPhttp://www.onigasima.jp/

 

第1位 アートの島と言えば「直島」

直島

「高松港」からフェリーで25分で行ける「直島」はまさに目で楽しむアートの島。島について最初にお出迎えしてくれるのはポップな外観が可愛らしい“赤かぼちゃ”。現代アーティストとして有名な草間彌生氏の作品です。

直島は島中ところせましと、美術館、屋外展示作品など、アート作品でもりだくさんの島です。

島内にはクロード・モネなどの名画が楽しめる「地中美術館」、国際的評価を受けるアーティスト・李禹煥の「李禹煥美術館」、自然・建築・アートの融合をテーマにした「ベネッセハウスミュージアム」など、有名美術館が目白押し。

直島

散策に疲れたら、直島銭湯「I♥湯」で、身体を休めることもできます。普通の銭湯ではなく、アーティスト・大竹伸朗が外装・内装・浴槽に至るまでプロデュース。お湯につかりながらもアートを楽しめるのでおすすめです。

基本情報
  • 【住所】香川県香川郡直島町
  • 【お問い合わせ】NPO法人直島町観光協会:087-892-2299
  • 【営業時間】美術館による
  • 【休館日】美術館の多くは月曜休館
  • 【公式HP】http://www.naoshima.net/

 

香川ツアー最安値情報

2019年6月 2019年7月 2019年8月
東京発23,000円~23,000円~23,000円~

 

 

その他のおすすめスポット

ランキング外にも、自然とアートの魅力あふれる、香川高松の観光スポットはまだまだあります。美術館や、地元の特産品、温泉……美しくて楽しい高松の観光スポットをご覧ください。

瀬戸内芸術祭で有名「男木島」

男木島灯台

高松のアートスポット、「男木島(おぎしま)」。島の中には数多くのアート作品を見ることができるほか、「日本の灯台50選」に選ばれる男木島灯台があります。坂の上から見下ろす男木島は見晴らしがよく、写真スポットにおすすめです。

男木島のアートスポットとしておすすめなのが「男木島路地壁画プロジェクト wallalley」。瀬戸内芸術祭というアートイベントで、眞壁陸二により造られたカラフルなウォールアートです。男木島の路地を歩いていくとカラフルにペイントされた民家を見ることができます。

島内には他にも多くのアートスポットがありますので、島散策で楽しむことができます。島のあちこちにあるアートの中からぜひお気に入りを見つけてみてください。

基本情報
  • 【住所】香川県高松市
  • 【フェリーお問い合わせ】雌雄島海運(TEL 087-821-7912)
  • 【公式HP】http://ogijima.info/

 

「イサムノグチ庭園美術館」

日系アメリカ人であるイサムノグチ。20世紀を代表する彫刻家・画家・インテリアデザイナーとして世界的な評価を受けています。

アーティストとして幅広く活躍したイサムノグチですが、やはり有名なのは彫刻家としての顔。

この美術館では、イサムノグチの作品150点を展示。「宇宙的・コスモポリタン」と評される氏の作品を散策しながら鑑賞してみてください。

美術館は、入館したい日の10日前までに予約が必要なのでご注意ください。お申し込みは公式HP内、往復はがきでのご予約案内より受付されています。

基本情報
  • 【住所】香川県高松市牟礼町牟礼3519
  • 【お問い合わせ】087-870-1500
  • 【営業時間】10:00~17:00
  • 【休館日】月・水・金・日曜日、2018年度夏期:8月13~16日、2018年度冬期:12月29日~1月5日
  • 【利用料】一般・大学生:2,000円(税別)/高校生:1,000円(税別)/中学生以下:無料
  • 【公式HP】http://www.isamunoguchi.or.jp/

 

国の特別名勝「栗林公園」

栗林公園飛来峰からの景色

日の出と共に入園できる「栗林公園」はデートスポットにもおすすめ。国の特別名勝にも指定されている美しい公園です。

ちょっと早起きして早朝に公園を訪れると、幻想的な朝もやの景色を見ることができます。公園内の草木、芝生は美しく手入れされていますし、早朝は人の出入りも少ないためおすすめ。絶景スポット、「飛来峰(ひらいほう)」からの公園は、思わず写真を撮りたくなってしまう美しさです。

フォトジェニックなスポット栗林公園で、ほっとやすらぐひと時をお楽しみください。

基本情報
  • 【住所】香川県高松市栗林町1-20-16
  • 【お問い合わせ】栗林公園観光事務所:TEL 087-833-7411
  • 【営業時間】ほぼ日の出から日没まで
  • 【休園日】年中無休
  • 【利用料】大人 410円、小人 170円(団体割引有り)
  • 【公式HP】https://www.my-kagawa.jp/ritsuringarden

 

香川特産・和三盆作り体験「豆花(まめはな)」

和三盆

香川の特産の「和三盆」。お茶の席で欠かせない、口の中でとろけるやさしいお味の干菓子です。この和三盆は、「菓子木型」という昔ながらの製法で作られています。

和三盆づくりに欠かせない、菓子木型を作れる職人は全国でも数少なくなっており、四国では豆花の職人、市原吉博さん一人だけ。「豆花」ではこの和三盆や練り切りづくりを体験することができます。

お子様がご一緒での体験も、旅の思い出になっておすすめです。香川の旅の記念に、お土産にもなる和三盆づくりを体験されるのはいかがでしょうか。

基本情報
  • 【住所】香川県高松市花園町1-9-13
  • 【お問い合わせ】087-831-3712(※予約受付専用090-7575-1212)
  • 【営業時間】10:00~17:00(体験は16:00までの受付)
  • 定休日】木曜
  • 【利用料】和三盆・練り切り体験・各1000円(両方の場合2000円)要予約。体験時間は各1時間ほど。
  • 【公式HP】https://www.mamehana-kasikigata.com/

 

「仏生山温泉」見て楽しめるおしゃれな温泉

美術館のような、ちょっと温泉には見えないおしゃれな外観の「仏生山温泉」。ガラス張りのモダンな入り口がお出迎え。天然温泉で香川の旅の疲れを流して行ってはいかがでしょうか。

温泉内には休憩室・食堂があり、ゆっくりとくつろぐことができます。香川の地の物を販売するちょっとしたスペースもあって、ちょっとのぞいていくのも楽しくておすすめです。

仏生山温泉は、天然温泉かけ流しとなっており、旧温泉名での泉質は「美人の湯」よばれる重曹泉。つるつるとした質感の気持ちいいお湯となっています。

基本情報
  • 【住所】香川県高松市仏生山町乙114-5
  • 【お問い合わせ】087-889-7750
  • 【営業時間】平日11:00〜24:00、土日祝9:00〜24:00(最終受付23:00)
  • 【休館日】毎月第4火曜日
  • 【利用料】大人 600円(中学生以上)、子供 300円(3歳以上)
  • 【公式HP】http://busshozan.com/

 

 

(情報は2018年5月現在のものです)

アートな魅力あふれる香川・高松のまとめ

 

まる
高松中、アートがほんとにたくさんあるんだね!
しえ
島を回って、たくさんアートを見てみたいな
サンプル画像
もちろんうどんも食べたい!
テスト画像
アートも楽しめて、美しくておいしい!香川・高松はアートの魅力に溢れる素敵な観光地だよ!ぜひ高松に遊びに行ってみてね!

 

香川ツアー最安値情報

2019年6月 2019年7月 2019年8月
東京発23,000円~23,000円~23,000円~

 

 

直島
12089view2016-04-22 16:37:28
香川といって真っ先に思い浮かぶものといえばうどんや金毘羅山だと思いますが、実は《アート県》とも呼ばれていることはご存...

香川グルメ
12462view2016-04-22 15:16:04
自らを「うどん県」と呼ぶほどにうどんを愛してやまない香川県。高松空港を降り立ってまずお出迎えしてくれるのは、手荷物コ...

港町の古い倉庫街がおしゃれに変身した北浜alley
4302view2016-04-25 11:32:47
高松港の東側、JR高松駅から歩いても10分ほどのウォーターフロントに北浜alleyがあります。alleyとは「路地裏」とか「小路」...

トリッパー編集部

この記事を書いた人 トリッパー編集部

他の記事を見る

トリッパーを運営する株式会社トラベルマルシェのスタッフです。国内の北海道から沖縄までの旅行情報を発信し、皆様に楽しくなる旅行情報をお届けします。

follow!