新島のおすすめ観光スポットランキング 穴場の遊び場もご紹介

新島のおすすめ観光スポットランキング 穴場の遊び場もご紹介

記事更新日: 2021-06-09

伊豆 新島 羽伏浦展望台

“東京の宝島”高速船で気軽に行けるリゾートアイランド『伊豆七島』。中でも良質な波に恵まれ、サーフィンのメッカとして有名な『新島』。

 

抗火石でできた白い砂浜は日本で唯一。碧い海と白い砂浜のコントラストは絶景です。新島ガラス、露天風呂に砂風呂、街の至るところで目にするコーガ石の建造物に白ママ層断崖。自然の恵み豊かなこの島は魅力がいっぱい詰まった宝島のようです。

 

そんな見どころ満載の『新島』の人気観光スポットをランキングでご紹介します。

 

伊豆七島 八丈島 ダイビング
2022-05-19 16:24:47
碧い海、新鮮な海の幸、海中温泉、白い砂浜、神秘の景観、亜熱帯リゾート、イルカに出会える秘境の島、景色を想像するだけで...

 

まる
今度、伊豆七島の中で、『新島』へ行く予定なのだけど、外せない観光スポットってどこだろう?面白そうな場所がありすぎてどこをどうやって周ったらいいのか悩んじゃうね。
ベル
『新島』は車で島一周1時間半程の小さな島だから、いろんなところに行きたいならレンタカーやレンタサイクルで周るのも面白いと思うよ!
しえ
なるほど!時間を気にせず行きたいスポットを巡れるのはとっても便利だね。
ベル
車や自転車の運転が苦手な人は、無料の巡回バスやタクシーを利用することも出来るよ。『新島』のおすすめスポットもランキングで紹介するから、是非参考にしてプランを立ててみてね。
まる
ありがとう。みどころいっぱいの『新島』を目一杯楽しんでくるね。

新島のおすすめ観光地

ランキング

1位:羽伏浦海岸

伊豆 新島 羽伏浦海岸

新島空港から一番近く、全長6.5kmの白砂の砂浜からなる『新島』を代表する海岸です。

 

結婚式も行われるという白いゲートを抜けると、そこに広がるのは碧い海と白い砂浜。“新東京百景”にも指定されているその絶景は、イタリアの離島を思わせるような美しい景色です。ここはサーフィンのメッカとなっている為、波は高めですが、夏季にはライフガードが常駐します。

 

隣接する羽伏浦公園には、キャンプ場、お花見広場や果樹園、サイクリングロードなどがあるので、キャンプやサーフィンをしたい人にはおすすめの海岸です。

 

羽伏浦海岸
  • 【住所】〒100-0402 東京都新島村本村
  • 【アクセス】新島港から徒歩で45分

 

2位:湯の浜露天温泉

伊豆 新島 湯の浜露天温泉

『新島』の特産品であるコーガ石で造られた古代ギリシャ建築風の温泉施設です。

 

24時間営業していて、水着着用で入浴できるので、カップルやご家族連れの皆さんも揃って楽しめます。温泉入口には男女別の更衣室や温水シャワー、コインロッカーもあるので、島めぐりの途中で汗を流すのも良いですね。

 

この温泉は、島の西側に位置しているので、夕方に立ち寄ると温泉から美しいサンセットを見る事が出来るのも見どころの1つです。

 

湯の浜露天温泉 基本情報
  • 【住所】〒100-0400 東京都新島村間々下
  • 【アクセス】新島港より徒歩5分
  • 【営業時間】24時間 年中無休 ※メンテナンスあり

 

3位:新島ガラスアートセンター/ガラスミュージアム

『新島』の特産であるコーガ石は、高熱で熱すると可憐なオリーブ色のガラスに変化し“新島ガラス”として島で親しまれています。こちらのアートセンターは見学無料、有料で吹きガラス体験も出来るので、雨の日の観光スポットとしておすすめです。

 

年に1度開催される国際アートガラスフェスティバルは、外国からガラスアーティストを招待して様々なワークショップなども行われるので、時期を合わせて訪れるのも良いですね。(2018年度は10/20-27で開催予定。)

 

隣接するガラスミュージアムでは新島ガラスの作品の展示や販売もあるので、新島旅行の記念にお気に入りの作品を持ち帰るのも良いですね。また、滞在中は、街の至る所にあるコーガ石で作られた様々な形のモヤイ像探しを楽しむのも新島ならではの遊び方ではないでしょうか。

 

新島ガラスアートセンター/ガラスミュージアム 基本情報
  • 【住所】〒100-0400 東京都新島村間々下海岸通 
  • 【アクセス】新島港より徒歩10分
  • 【営業時間】10:00-16:30
  • 【定休日】火曜日

 

4位:羽伏浦展望台/富士見峠展望台

伊豆 新島 羽伏浦展望台

羽伏浦展望台は6.5kmも続く白砂の砂浜と碧い海の絶景が眼下に広がる展望台です。島に6つある展望台の1つで、“新東京百景”の景色を堪能するならここ!多くのリピーターが、新島に来たらまた必ず訪れたいと言う程美しい景色はまさにインスタ映えのスポットです。

 

4~5月のサーフィンの時期はサーファーが波に乗る姿や美しいビーチを眺めながら、ゆったり流れる時を楽しんでみて下さい。また、夜に訪れると満天の星空と出会えますので、安全に注意しながらお出かけください。

 

富士見峠展望台はトレッキングコースのゴールにあるので、トレッキングを楽しみながら展望台に行きたい人におすすめです。コーガ石で出来たピラミッドが目印の展望台からの景色は本村地区や碧い海、無人島などを眺めることが出来ます。天気が良ければ富士山や伊豆諸島を見下ろすことが出来、時間を合わせれば飛行機の離発着も見られるので是非お天気や時間帯を選んでトレッキングに出かけましょう。

 

羽伏浦展望台 / 富士見峠展望台 基本情報
  • 【住所】〒100-0402 東京都新島村本村/東京都新島村宮塚山 
  • 【アクセス】新島港から徒歩で45分/新島港から車で20分

 

5位:間々下海岸/まました温泉

伊豆 新島 まました温泉

透明度が高く、波が穏やかな間々下海岸は磯遊びや海水浴に人気です。海岸にそびえたつ鳥ケ島はかつてコーガ石運搬の為のロープウェイ基地があった島で、その名残を見る事も出来ます。

 

海岸から眺める鳥ヶ島はとても迫力があり、ビーチと海と島のコントラストは見逃せません。夕暮れ時の間々下海岸もまた美しく絶景です。

 

ビーチで遊んだ後は、近くの“まました温泉”へ立ち寄るのもおすすめです。鳥ヶ島をはじめ、式根島や神津島を望む絶景の露天風呂、サウナ、羽伏浦海岸の白砂を温めた砂風呂を堪能することが出来ます。ちょっと疲れた日は、旅の疲れを癒しに訪れてみてはいかがでしょうか。

 

まました温泉 基本情報
  • 【住所】〒100-0400 東京都新島村瀬戸山
  • 【営業時間】10:00-21:30 (砂風呂 11:00-20:00)
  • 【定休日】水曜日
  • 【料金】大人300円 子供150円 70歳以上200円

    砂風呂 大人700円 子供400円

 

まだまだある!新島の穴場観光スポット5選

イルカウォッチング&ドルフィン

新島でゲストハウス、島内の観光案内、サーフィンスクールやボードレンタル、イルカウォッチングなどをサポートしてくれる有限会社ELEGANCE。

 

4月~10月の期間は、新島と利島の間にあるウドネ島周辺で出会えるイルカウォッチングやイルカと泳げるイルカドルフィンを体験できます。

 

有限会社ELEGANCE 基本情報
  • 【住所】〒100-0402東京都新島村本村5-5-17 ELEGANCE
  • 【営業時間】 夏 AM8:30~PM11:00 冬 AM8:30~PM6:00
  • 【定休日】水曜日

 

大三王子神社

大三山の頂上にある小さな神社は、400段もの石段を登り切ったその先にあります。

 

苔むした石段と鳥居、生い茂る植物の織り成す雰囲気は、とても荘厳で思わず息をのんでしまいます。

 

大三王子神社 基本情報
  • 【住所】〒100-0400 東京都新島村大三山1−1
  • 【アクセス】新島港より徒歩10分

 

石の動物園

羽伏浦キャンプ場の隣にある石の動物園は、コーガ石を彫刻して作られた動物たちが30体以上も集まる、子供に人気のスポットです。

 

公園内には滑り台やアスレチックがあり、キャンプに訪れた家族連れで賑わいます。GWに毎年開催されるアットホームな音楽祭も必見です。

 

石の動物園 基本情報
  • 【住所】〒100-0400 東京都新島村檜山
  • 【アクセス】新島港より車で10分
  • 【営業時間】8:30-16:30

 

POOL / PARK cafe market

島内で数少ないおしゃれスポットで、自家製野菜や新島産の食材を使って全て手作りされたメニューはどれも絶品です。

 

隣接する雑貨店では新島のお土産をはじめ、店主がこだわるオリジナルのアパレルや雑貨が揃っています。

 

POOL / PARK cafe market 基本情報
  • 【住所】〒100-0402東京都新島村本村2-9-23
  • 【営業時間】10:00~17:00
  • 【定休日】木曜日

 

新島村ふれあい農園

新島の農作物は白い砂地で育てられ、その伝統的な土づくりは今も新島の農業を支えています。園内の観光農園では、作物の摘み取り体験ができ、あめりか芋やあしたば、島とうがらしやらっきょうなど、新島ブランドの野菜を見ることが出来ます。

 

お子様の農園体験や、普段忘れてしまっている自然の恵みと触れ合うのも島旅行ならではで、おすすめです。

 

新島村ふれあい農園 基本情報
  • 【住所】〒100-0400 東京都新島村字御子の花465番地
  • 【営業時間】10:00-17:00
  • 【料金】作物摘み取り 大人¥1000 子供¥300

 

自然の脅威を忘れずに訪れたい場所

白ママ断崖

伊豆 新島 白ママ断崖

新島のパンフレットや観光スポット探しをしていると、ひと際目をひく絶景が“白ママ断層(断崖)”です。ここは、通称:神が森(シークレットポイント)と言われる巨大な絶壁で、火山灰の地層がむき出しになっています。国立公園特別保護地域にも指定され、島民にとってとても神聖な場所です。

 

その大きさは、高さ250mの白い崖が約7kmに渡って続く巨大さで、滅多に見る事の出来ない大迫力の絶景です。

 

しかし、この「崖」は、波や風雨による浸食が激しく、現在もなお、崖崩れや大きな落石が起きています。そしてこの崩れた断層が羽伏浦海岸の美しい白い砂浜を作り出しているのです。

 

この景色を一目見たいと多くの観光客が足を運ぶスポットではありますが、新島観光課では事故を懸念し、注意喚起も出ています。訪れる際はこの大自然の営みを理解し、自然を尊重し、手前から眺めるだけにしましょう。

 

 

まる
新島の観光スポットランキング、とっても参考になったよ!人気スポットから穴場スポットまで、見どころ満載の新島。限られた日程の中でプランを考えるのも楽しいね。
ベル
そうだね。滞在日数や交通手段に合わせて無理のないプランを立てて、自分だけのオリジナルツアーを作ってみてね。
しえ
ありがとう。行きたいスポットを無理して詰め込まず、ゆとりのあるプランを作って、一期一会の出会いも大切にしたいね。
ベル
そうそう。敢えて行きたかったスポットを残して、また2度、3度と訪れるのもいいよね。気を付けて旅を楽しんできてね。

 

 

神津島 千両池
2021-06-09 12:47:48
「東京の宝島」と名高い、高速船で気軽に行けるリゾートアイランド「伊豆七島」。その中の1つである「神津島」は、「伊豆諸...

トリッパー編集部

この記事を書いた人 トリッパー編集部

他の記事を見る

トリッパーを運営する株式会社トラベルマルシェのスタッフです。国内の北海道から沖縄までの旅行情報を発信し、皆様に楽しくなる旅行情報をお届けします。

follow!