縄文杉トレッキング

縄文杉とは?

屋久島の中で確認されている屋久杉の中で最大の屋久杉の事を縄文杉と呼んでいます。
1966年に屋久町役場の方が発見したと言われています。

現在は、縄文杉に直接触れる事はできません。
間際に展望デッキが設置され、踏圧によって縄文杉の根が傷むのを防いでいます。

縄文杉を見るには往復約22kmの道のりを進まなければなりませんが、樹齢2600~7200年とも言わる縄文杉は絶対に見る価値があります。

縄文杉とは?

縄文杉を見るには?

※3月〜11月の観光シーズンは、荒川登山口への一般車両乗り入れ規制あり。荒川登山口までの流れ 縄文杉を見るには、まず荒川登山口まで行かなければなりません。
縄文杉トレッキングのベストシーズンは4月~11月と言われており、たくさんの方々が訪れます。その為環境への負担軽減と混雑緩和の為一般車両の乗り入れが規制されています。一般車両で行けるのは屋久杉自然館までとなっています。
屋久杉自然館~荒川登山口まで片道約35分 片道870円
チケットは、入島後登山前日までに購入しましょう。
また、バスは早朝5時から運行をしていますが、定員オーバーにより乗れない場合があります。
屋久杉自然館行きのバスも運行しています。事前に時刻表をチェックしておきましょう。

縄文杉トレッキングMAP

縄文杉トレッキングMAP

↑縄文杉トレッキングツアートップへ

トレッキングツアーの注意事項

POINT1
屋久島は本当に雨の多い島

小さな島ですが大きな天候変化をもった屋久島は、別名雨の島と呼ばれており、1ヶ月35日雨が降るといわれるぐらい降雨量の多い島です。
東京の三倍雨が降り、島のどこかで必ず雨がふっています。 高所ほど雨の確立は高くなり、 雨が多いことは「虹」が多いこと。 「島の半分はどしゃ降りなのに、島の反対半分は日焼けする快晴」 山が高くフェーン現象が起こるからなのですが、 屋久島の森は雨の日ほど歩くのにうってつけです。 緑で覆われた森は雨が降ると日の照り返しの反射もなく よりいっそうと幻想的です。森は写真を撮るのも雨の日のほうが綺麗だそうです。

POINT2
屋久島の気候

屋久島には、約2000mにもなる高低差があります。 山へ登ると100m登るごとに、気温が約0.6℃下がると言われています。 山頂部を標高約2000mとして計算すると、平地に比べて約12℃ほど気温が下がる計算となります。 単純に計算すると、平地部の年平均気温が20℃ということは、山頂部は、年平均気温が約8℃と予測されます。 わかりやすく言うと、年平均気温が8℃の都市を探すと、北海道の札幌市がちょうどそのくらいになり、 小さな屋久島の中に、北海道から南九州までの気候がすっぽりと収まっているというわけです。

POINT3
服装について

12~2月 Tシャツ・長袖シャツ・雨具・長ズボン・タイツ・トレーナー・厚手のフリース(ダウンベスト)
3~4月 Tシャツ・長袖シャツ・雨具・長ズボン・タイツ・トレーナー(フリース)
5~9月 Tシャツ・長袖シャツ・雨具・長ズボン
10~11月 Tシャツ・長袖シャツ・雨具・長ズボン・タイツ・トレーナー(フリース)

※以上はあくまで目安にしてください。その日ごとに気候もがらりと変化します。屋久島は季節を問わず、日中晴れていればTシャツ一枚でも大丈夫なほどです。
森の中を歩いている間は、日焼けすることはありません。防寒着のつもりで長袖シャツをお持ちください。
また着替えは必ずビニール袋などで防水してお持ちください。

POINT4
動物を大切に、自然を大切に

屋久島には貴重な動植物が数多く生息・生育しています。 屋久島の貴重な生態系は一本の植物、一匹の虫が維持しています。 トレッキング中に限らず、動植物採集は禁止です。 また、野生の動物に餌を与えることもやめましょう。 野生の本能を失わせたり農作物被害を引き起こす原因になります。
トレッキング中は屋久島の動植物・自然を守るように歩きましょう。 ツアー中、登山道が狭い場所でのすれ違い際は仕方がないのですが、 その時には苔を踏まないように気をつけてください。 自然は一度壊してしまうと、再生までに途方もない時間がかかります。

POINT5
登山道から外れない

トレッキングを楽しむ場合は必ず登山道から外れないようにしましょう。遭難時における捜索費用は本人負担となります。楽しい思い出が一瞬にして消えてしまいます。 またトレッキング・登山で山に入る際には必ず登山届けを提出しましょう。 万一遭難した場合、登山届けを提出していると捜索がスムーズに行われ、発見される可能性が高まります

POINT6
トイレは決められた場所で

ツアールート上の備付トイレを事前確認。万が一我慢できない場合、必ず水場から離れた場所でしましょう。

大便は穴を掘って埋め、トイレットペーパーは持ち帰ってください。色付きのゴミ袋を持参する事をお薦めします。
小便は苔にかけないように気をつけて下さい。間違っても屋久島の植物の栄養にはなりません。

屋久島は基本的にトイレの環境が整っています。 よくある山にあるトイレは汲み取り式のもので、 トイレットペーパーはないのが当たり前で、匂いが気になるものですが 一見水洗トイレで臭いが全くないと行ったら嘘になりますが とてもきれいで全てにトイレットペーパーもついてます。
念のため自分で持ってくる事をお勧めします。 使用済み携帯トイレを回収ボックスが登山口と屋久杉自然館前に設置している回収箱に捨ててください。

縄文杉ルート 荒川登山口トイレ・ 大株歩道入口トイレ(3時間後)・高塚避難小屋トイレ(2時間後)
白谷雲水峡ルート 白谷雲水峡入口トイレ
白谷山荘トイレ(楠川歩道周りで1.5時間後、原生林歩道周りで2.5時間後)
宮之浦岳ルート
(黒味岳ルート)
淀川登山口トイレ・淀川避難小屋トイレ(50分後)

POINT7
ゴミのポイ捨て絶対禁止

トレッキングツアー参加者・登山者皆さんのモラル意識により、屋久島の森にはゴミが落ちていません。
もしツアー中にゴミを見つけた場合は進んで拾うように心掛けましょう。ツアー参加者や登山者のモラルが
美しい屋久島の自然を守ります。

POINT8
登山は登りの方が優先

登山者の公然のルールは屋久島でも同様です。登山客とすれ違う際は登りの方が優先になります。
下りの方は山側に避けて、登りの方の邪魔にならないように、スムーズにすれ違いをしましょう。

POINT9
服装・装備の十分な準備を

登山を行う際には、必ず事前に登山道の状況を確認しましょう。 登山道が荒れていたり、利用できない状態になっていることもあります。

荒川登山口から縄文杉、淀川登山口から宮之浦岳を往復するには 徒歩で9~10時間程度かかる長い道のりとなります。装備も十分に整えて臨みましょう。

変わりやすい天気に備え雨具、防寒衣を用意し、 非常食、懐中電灯、コンパス、警笛・携帯電話(無線機)を必携しましょう。

雨 具 セパレートタイプにしましょう。ポンチョタイプでは下半身が冷えてしまいます。
懐中電灯 日没後は山中を無灯火で歩くことは事故の元です。
食 料 チョコレートや甘いものだけでなく、塩分補給が出来るものも用意しましょう。
飲 料 お茶は利尿効果があるので不可。
塩分・ミネラル補給も同時にできるスポーツドリンクが良いでしょう。
携帯電話 縄文杉前、大王杉前、弥生杉前、淀川ルートでは通話可能場所の看板が設置されています。
登山靴 スニーカーなら足首のサポーターをしましょう。サンダルは不可。スパイク付の靴も不可。
長袖長ズボン 夏季は熱中症防止に薄手のものを。ジーンズは不可。
その他 両肩に背負えるバック30kg以内、非常用防寒着、痛止め等常備薬、湿布薬、ストック、ゴミ袋、トイレ紙
最後に

トレッキングツアー中、リタイアする事も念頭においておくこと。
屋久島は数時間も歩くのが基本です。足場もけして良い訳ではありません。
無理をして不幸な事故に見舞われた方も大勢います。
自然相手では何時何が起るか判りません。自身の体調等を考慮し無理をしないように心掛けましょう。

縄文杉トレッキングツアーの予約はこちら

↑縄文杉トレッキングツアートップへ

屋久島に行ったら絶対に行きたいスポット「縄文杉」!ガイド付きの安心トレッキングツアーをご用意しております。もちろんガイドがいるから縄文杉まで行ける!って事はありません。事前準備を必ずして行きましょう。縄文杉ツアーは中級~上級者向けの往復9~10時間以上の長旅になります。出発前に体調を整えて、感動と癒しのスポット縄文杉を楽しみましょう。ただし、体に不調を感じたら無理をせずにリタイアする事も大事です。

東京発 屋久島旅行 ツアー 一覧