日本ラグビーの聖地・秩父宮ラグビー場で、世界最高峰のスーパーラグビーが見られる!

日本ラグビーの聖地・秩父宮ラグビー場で、世界最高峰のスーパーラグビーが見られる!

記事作成日: 2016-02-08

日本ラグビーの聖地・秩父宮ラグビー場で、世界最高峰のスーパーラグビーが見られる

日本中を席巻したラグビー・ブーム

昨年はイングランドでラグビー・ワールドカップが行われ、日本代表は優勝候補の南アフリカ(スプリングボクス)を破るなど3勝1敗の好成績を残し、日本中にラグビー・フィーバーを巻き起こしたのは記憶に新しいですね。

その後、日本国内で行われたトップリーグもかつてない盛況を見せ、史上最多の観客動員を記録しました。そして先日、トップリーグ王者と学生王者が戦う日本選手権が行われ、パナソニック・ワイルドナイツが見事に日本一の座に輝きました。

例年なら、これで国内のラグビー・シーズンは終了となるのですが、今年はまだラグビーが続きます。なぜなら、今年から日本チームが南半球のクラブ・リーグ戦であるスーパーラグビーに参加することになったからです。

スーパーラグビーとは?

日本チームが参戦することになったスーパーラグビーとは、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカのクラブ・チームによって構成されたリーグ戦であり、そのレベルの高さは世界最高峰とも言われています。そこに今年から、日本チームとアルゼンチン・チーム(ニックネームはジャガーズ)が参戦することになりました。

日本チームにはサンウルブズというニックネームが付けられました。太陽の狼、という意味ですね。日出ずる国から来た狼軍団、というわけです。

サンウルブズがスーパーラグビーに参戦したのはわけがあります。2019年に日本でラグビー・ワールドカップが開催されるからです。開催国として好成績を残したい。そこで、日本代表の強化を目論んで、世界最高峰のスーパーラグビー参戦を決めたのです。

スーパーラグビーに参加する日本の選手

サンウルブズは、当然のことながら日本代表の選手が中心となります。昨年のワールドカップに出場した選手でいえば、稲垣啓太、三上真貴、木津武士、堀江翔太、大野均、真壁伸弥、日和佐篤、立川理道、田村優、山田章仁といった面々です。

え、それだけ?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、実は他のチームにも日本選手が入っているのです。日本代表の主将だったリーチ・マイケル(チーフス)、田中史朗(ハイランダーズ)、マレ・サウ(ブルーズ)、ツイ・ヘンドリック(レッズ)などは、以前からスーパーラグビーでは外国チームの一員としてプレーしていました。

そして、今や日本の国民的スターとなった五郎丸歩は、今年からオーストラリアのレッズでプレーすることになりました。オーストラリアでも、あの五郎丸ポーズが流行するといいですね。

サンウルブズの本拠地・秩父宮ラグビー場

サンウルブズの本拠地は、西の東大阪市花園ラグビー場と並んで、日本ラグビー東の聖地と言われる東京の秩父宮ラグビー場となります。秩父宮はラグビー専用のスタジアムで、陸上用のトラックがないため、非常に見やすくて臨場感があり、目の前で見られるプレーのド迫力は満点です。ラグビーの魅力を味わいたいなら秩父宮!とも言えるでしょう。

しかも、東京のド真ん中にあるので、アクセスは抜群!明治神宮球場の隣り、電車なら地下鉄の東京メトロ銀座線、外苑駅から徒歩5分という便利な場所にあります。以前は国立競技場も近くにありましたが、現在は取り壊されています。

駅から秩父宮ラグビー場へ歩いていると、弁当とか色々な物が売っています。飲食物は、来場する前に買っておきましょう。秩父宮ラグビー場の場内には、あまり売店などはないので、入場前に購入しておくことをお勧めします。

秩父宮ラグビー場の正門

日本ラグビーの聖地・秩父宮ラグビー場で、世界最高峰のスーパーラグビーが見られる

サンウルブズの日程

サンウルブズの、秩父宮ラグビー場での日程は以下の通り。

2/27 13:15 vs.ライオンズ
3/19 13:15 vs.レベルズ
4/23 14:15 vs.ジャガーズ
5/7 14:15 vs.フォース
7/2 14:15 vs.ワラタス

世界最高峰のラグビーを生で観られる機会など滅多にありません。是非とも今年は、秩父宮ラグビー場に行きましょう!

そして2019年は、ラグビー・ワールドカップで盛り上がりましょう!

 

安威川敏樹

この記事を書いた人 安威川敏樹

他の記事を見る

大阪府在住。作業関連機器の設計から、スポーツを中心としたライター・コラムニストに転身。野球雑誌等に寄稿の他、電子本に野球小説を執筆。野球の独立リーグでの公式記録員の経験あり。野球以外では、ラグビー雑誌にも寄稿。モットーは「文字をオモチャにして遊ぶ」。

follow!