神津島への行き方・アクセスは?

神津島への行き方・アクセスは?

記事更新日: 2023-09-28

神津島の行き方・アクセス

神津島は伊豆・下田の南にある島

神津島まではジェット船か飛行機で行ける

竹芝からジェット船で最短約3時間15分

飛行機の場合は調布飛行場から最短約45分

竹芝から神津島まで大型客船で約12時間

トラベルマルシェの神津島ツアーはとってもお得1

遠く離れたところが同じ砂でつながっているなんて、ロマンを感じない?

神津島 千両池
2023-04-03 12:12:51
「東京の宝島」と名高い、高速船で気軽に行けるリゾートアイランド「伊豆七島」。その中の1つである「神津島」は、「伊豆諸...

車 イメージ 800×450
2021-06-09 12:46:43
伊豆諸島の湧き水伝説として知られ、古水が湧き出る「神津島」。東京名湧き水57選にも選ばれる、水のきれいな東京の離島は、...

神津島へはジェット船・大型客船・飛行機で!

伊豆七島 神津島

神津島(こうづしま)は、爽快な飛び込み台もある「赤崎遊歩道」や、トレッキングが楽しめる「天上山(てんじょうさん)」といった人気スポットのある島です。この島へは、東京から「ジェット船」か「大型客船」、あるいは「飛行機」で行くことができます。

 

ジェット船と大型客船が入港するのは、島の西部にある「神津島港」です。港の周辺には多くの宿があり、旅の拠点として活用できます。

 

飛行機が飛び立つ「調布飛行場」と島南部の「神津島空港」は、どちらも大きな空港ではないため、使用するのは小さなプロペラ機ですが、速度はなかなかのものです。

 

この三つの方法の特徴を、順にご説明します。

 

方法1 ジェット船

伊豆 ジェット船

水の抵抗を受けてしまう船は、鉄道や飛行機よりもずっと遅いイメージがありますが、このジェット船は「船体を海から浮かす」ことによって高速で安定した航行を行えます。その最高時速は時速80kmを超えるほどで、東京から神津島までの約170kmの距離を素早く駆け抜けます。

 

神津島へ行くジェット船の乗り場は、港区の「竹芝客船ターミナル」です。ジェット船で行ける伊豆七島の島(=伊豆大島・利島・新島・式根島・神津島)のうち、神津島は最も遠くに位置するため、途中までの便も多く、神津島行きの便は基本的に1日1~2便となります。場合によっては、繁忙期に追加される「熱海発・神津島行き」の便(※1日2便)の利用を考えてみても良いかもしれません。

 

竹芝から神津島までの便は、途中の島をいくつか飛ばす場合と、すべての島に寄港する場合があります。また、同じルートでも便によって多少到着時刻は多少変わります。

 

現在、最も早い時期・便の到着予定は出発の3時間5分後となっていますが、3時間10分という便もあり、さらに4時間前後かかる全島ルートの便しか無い時期もあります。また、最初に神奈川県の久里浜に立ち寄る便の場合は、15~20分ほど増えます。熱海発の便は、最短で約1時間50分と竹芝から乗船した場合の半分ほどになっています。

 

賃は、10月は11,140円、11月は約11,530円と、乗船する時期によって変動します。夏に旅行をするなら、12,000円が目安となります。

 

ジェット船の時刻表(竹芝客船ターミナル→神津島港)

【2023年10月1日~2023年12月31日】

運航便コード
10/2~6・10~13・
16~20・23~27
10/1~10/31
土休日
11/1・10・
17・20・28~30
12/1・8・
15・22
-
東京 8:35 8:35 8:35 8:35 -
 
神津島 12:15 12:35 12:20 12:20 -

 

ジェット船の運賃(大人1名・片道)

【2023年10月1日~2023年12月31日】

10月 11,140円
11月 11,530円
12月 11,800円

 

東京からの片道所要時間:最短約3時間5~10分(※4時間前後の便だけの時期もあります)

 

方法2 飛行機

飛行機 イメージ

飛行機の神津島行き路線を運航しているのは新中央航空で、出発地点は「調布飛行場」です。伊豆大島や新島といった他の島を経由しない直行便のため、島まではわずか45分しかかかりません。調布飛行場のアクセスの悪さや、定員19名という飛行機のサイズには多少注意が必要ですが、時間を節約したい時にはとても便利です。

 

その分、運賃は他の方法よりも高く、約15,600円となっています。往復では約28,200円(=片道約14,100円)に割引されるため、ジェット船の運賃が高い時期には比較対象になるでしょう。

 

調布からの出発は午前と午後の1日2回が基本で、もう1便追加される時期もあります。一部の期間を除き、午前の便は曜日によって出発・到着時刻が変わります。早めに到着する日は午前中からたっぷり観光できますが、そうでない日は注意が必要です。

 

飛行機の時刻表(調布飛行場→神津島空港)

【2023年10月1~31日】

便名 調布発 神津島着
301 08:45 09:30
303 11:00 11:45
305 14:30 15:15
- - -
- - -

【2023年11月1~30日】

便名 調布発 神津島着
301 08:45 09:30
303 11:00 11:45
305 14:10 14:55
- - -
- - -

 

飛行機の運賃(大人1名・片道):15,600円(※往復の場合は28,200円)

東京からの片道所要時間:最短約45分(※搭乗手続きは出発の30分前まで)

 

方法3 大型客船

伊豆 大型客船

神津島行きの大型客船は1日1便の夜行便です。出発時刻は日によって22時または23時となり、(すこしわかりにくいのですが、)23時発の方が到着は早くなります。

 

23時発の便の場合、神津島には翌日の8時55分に到着します。つまり、乗船時間は約10時間です。22時発の場合は10時着で、約12時間となります。夜行便のため、体感できる移動時間はこれよりも少なくなりますが、気の短い方にはおすすめしにくい方法です。逆に、「貴重な体験ができる旅の一部」と受け止められる方には、とても楽しい時間となるでしょう。

 

大型客船の10~12月の2等の運賃は、約7,230~7,650円です。飛行機はもちろん、同時期のジェット船と比較しても4,000円、往復なら8,000円ほどお得になります。これは大型客船の大きなメリットです。

 

二つの出発時刻やその他の注意点など、より詳しい説明は、【こちらの記事】の「大型客船」の部分をご覧ください。

 

大型客船の時刻表(竹芝客船ターミナル→神津島港)~

  10/27~30
11/19・27~29除く
日~水曜、
11/2・23・12/28、11/1~12/31の金土曜
東京 22:00発 22:00発
横浜
神津島 翌10:00着 翌10:00着

※途中で、伊豆大島・利島・新島・式根島に立ち寄ります。

 

詳細な運休日と、それぞれの日の出港パターンは【公式サイト】でご確認ください。

 

大型客船の運賃(大人1名・片道)6

  10月 11月 12月
2等 7,230円 7,480円 7,650円
特2等 10,850円 11,230円 11,490円
1等 14,450円 14,960円 15,310円
特1等 17,350円 17,960円 18,370円
特等 20,230円 20,950円 21,430円

 

東京からの片道所要時間:約10時間

 

 

※本記事内の情報は、すべて2023年9月時点のものです。

時刻表や運賃は今後変更される可能性があります。必ず、最新の情報をご確認ください。

 

神津島へのアクセス選びは宿泊前提で考えよう

クエスチョンマーク イメージ

3種類の方法を速度で比較するなら「飛行機>ジェット船>大型客船」と飛行機が有利になり、運賃に注目すると「大型客船>ジェット船>飛行機」と、正反対の結果になります。

 

もし日帰りをするなら、現実的には飛行機しか選べません。ジェット船の片道3~4時間という所要時間は、自動車や鉄道での旅行なら日帰りの許容範囲内ですが、島からの便は14時前に出てしまいます。大型客船が島を出るのも入港の30分後です(※東京行きは昼行便で、当日の18~20時に到着します)。

 

しかし、飛行機でも出発の遅い日は、滞在時間がかなり短くなってしまいます。そうでない日でも、トレッキングや釣り・ダイビングなど、長い時間のかかることは困難です。多くの方にとって、日帰りは考えにくいことでしょう。もうすこし日帰りが簡単な伊豆大島などと比べると、速度の重要性は薄いかもしれません。

 

宿泊を前提として考えるなら、宿がセットになっている旅行会社のツアーも有効な選択肢となるでしょう。お得なだけでなく、面倒な予約も一度ですんでしまいます。

 

こうして計画を練ることも、旅の楽しみの一つです。海や空ですごす時間も思い浮かべながら、最適な方法を考えてみましょう。

 

 

神津島 みんなの別荘ファミリア
2022-06-07 00:16:23
神津島は、東京から南へおよそ180㎞。周囲およそ22㎞ 面積18.58㎢のひょうたんのような形をした東京都の離島です。   ...

トリッパー編集部

この記事を書いた人 トリッパー編集部

他の記事を見る

トリッパーを運営する株式会社トラベルマルシェのスタッフです。国内の北海道から沖縄までの旅行情報を発信し、皆様に楽しくなる旅行情報をお届けします。

follow!