大島の宿・ホテルランキング スタッフおすすめ7選!

大島の宿・ホテルランキング スタッフおすすめ7選!

記事更新日: 2024-03-30

記事987 大島温泉ホテル

東京に一番近いリゾートとして知られる伊豆大島。面積は約90㎢と伊豆諸島の中でもっとも大きな島です。東京から約120km、ジェット船に乗ればわずか1時間45分ほど。

 

東京都なのに砂漠があり、火山があり、美しい海に囲まれています。日本では数少ない玄武岩質の活火山は、地元の人が資産を護る活動を通して「日本ジオパーク」に認定されました。島ではマリンスポーツをはじめ、三原山の噴火口を見るトレッキング、野鳥などの自然に触れられる観光スポット、ゴルフ場もあるので、年間通して多くの人が訪れます。

 

さらに人気があるのが、都会では決して見られない満天の星空。宿泊所も多く、ラグジュアリーなホテルをはじめ、小さなコテージまでさまざまなホテルが充実。快適な島ライフを楽しむためにも、自分に合う宿を探してみましょう!

 

 

まる
夏が近づいてきたし、離島でのんびりしたいね…。なるべく近場でいいところはないかなあ。
しえ
それなら、伊豆七島なんてどう?初めての伊豆七島なら、中でも大島が一番近いみたいだよ。 
まる
伊豆大島か、近くていいね!海でシュノーケルや三原山でトレッキングも楽しめそう!でもやっぱり旅行で一番重要なのはホテルだよね。どんなホテルがあるのか、気になるな。
ベル
伊豆大島は火山でできている島だから、温泉もあるんだ!アクティビティだけでなく、ホテルが充実しているのが大島の良いところ!
老舗温泉宿からリゾートホテルまで、いろいろなホテルがあるよ。

島でどんな過ごし方をしたいかによって、自分にぴったりのホテルを選んでね。

 

伊豆大島の行き方・アクセス
2024-04-04 16:47:50
  伊豆大島への行き方は3種類 映画の中のような風景が広がる「裏砂漠」、大きな力を...

島の宿・ホテルランキング

伊豆大島 波浮港

大島は他の伊豆諸島に比べて、ホテルのバリエーションが豊富です。合宿向けのリーズナブルな宿泊所もたくさんありますが、今回は大島ならではのリゾート感を楽しめる、おすすめのホテルを人気順にご紹介。温泉が自慢、創作料理がおいしい、リラクゼーション重視など、希望の過ごし方に合わせて、あなたのプチバカンスにぴったりのお宿を見つけてくださいね。

 

1位 BookTeaBed IZUOSHIMA

記事1014 伊豆大島 BookTeaBed IZUOSHIMA

「BookTeaBed IZUOSHIMA (ブッティーベッド)」は、2018年にオープンした、『本』×『カフェ』×『泊まる』 をテーマにした新感覚のホテルです。魅力は宿に備えられた5000冊の本の数々。ベストセラーから人気作家作品、写真集、絵本、ガイドブック、漫画などあらゆる本が揃っています。

 

海や火山など大自然を楽しみつつ、お洒落な宿で、本に囲まれてリラックス。シンプルなメニューの揃うカフェで、東京の喧騒を離れ、離島でおこもりバカンスなんて楽しみ方もよいかも。Wi-Fiも無料で利用できます。

 

家族旅行に使いやすい「FAMILY STYLE」やのんびりゆったり一人旅には「SINGLE STYLE」など、6種類の客室が用意されています。元町港から約300m、ビーチまで歩いて3分というアクセスの良さもポイントです。

 

基本情報
  • 住所:〒100-0101東京都大島町元町2-3-4
  • TEL:04992-7-5972
  • FAX:04992-7-5982
  • アクセス:元町港から徒歩3分・岡田港から車で15分・大島空港から車で9分
  • URL:https://bookteabed.com/ja/izuoshima/

BookTeaBed IZUOSHIMA(伊豆大島)<大島>
〒100-0101
東京都 大島町元町2-3-4
楽天トラベル
1泊 3,636円~ (税抜)

2位 天然温泉の宿 ホテル白岩

記事1014 伊豆大島 ホテル白岩

三原山はもちろん、晴れた日には南に伊豆七島、西に伊豆半島を望むことができる「ホテル白岩」。和室、洋室、和洋室と33室の客室があり、宴会場や結婚式場もある、大きなホテルです。

 

昭和61年の三原山大噴火によって湧き出した温泉は、ナトリウム塩化物泉で、少々しょっぱいのが特徴。大浴場は、御影石や十和田石をたっぷり使い、窓ガラス面を大きくとってあるので、天井の高い開放的な空間となっています。椿の時期には美しい椿の花々が咲く露天風呂も自慢。

 

食では、海に囲まれた伊豆大島ならではの新鮮な海の幸をふんだんに使った料理が魅力です。獲れたての新鮮な鮑(あわび)をはじめお造り・酒蒸し・踊り焼・ステーキなど要望に応えてくれます。ロビーおよび客室はWi-Fi接続完備です。

 

基本情報
  • 住所:〒100-0101東京都大島町元町3-3-3
  • TEL:04992-2-2571
  • FAX:04992-2-1864
  • アクセス:元町港より徒歩8分・岡田港より車で15分・大島空港より車で7分
  • URL:http://www.h-shiraiwa.com/

 

 

天然温泉の宿 ホテル白岩 <大島>
〒100-0101
東京都 大島町元町3-3-3
楽天トラベル
1泊 5,500円~ (税抜)

3位 ホテル赤門

記事1014 伊豆大島 ホテル赤門

歴史に興味のある方なら、「ホテル赤門」がおすすめ。源為朝ゆかりの地に湧く温泉『為朝之湯』が楽しめる和風温泉宿です。

 

保元の乱に敗れ、大島に流された弓の名人「鎮西八郎源為朝」の資料館も兼ねており、土地の歴史的背景に思いをはせて。温泉は源泉かけ流しで、敷地内に湧く源泉を使った露天風呂と、24時間入ることができる大浴場があります。

 

料理は、地元近海で水揚げされた魚介類を中心に、赤門オリジナルの椿寿司など、心づくしの料理が出されます。部屋は、海と伊豆半島が一望できる純和室が中心。露天風呂付きのお部屋もあります。さらに、自然に囲まれた2棟のログハウスも魅力的。ホテルから徒歩1~2分、大海原に沈みゆく夕日が楽しめる絶景スポットも必見です。全館無線LAN対応です。

 

基本情報
  • 住所:〒100-0101東京都大島町元町1-16-7
  • TEL:04992-2-1213
  • FAX:04992-2-2860
  • アクセス:元町港より徒歩1分・岡田港から車で15分・大島飛行場から車で10分
  • URL:http://www.ooshima-akamon.com/

 

 

ホテル赤門 <大島>
〒100-0101
東京都 大島町元町1-16-7
楽天トラベル
1泊 5,455円~ (税抜)

4位 湯の宿 くるみや

記事1014 伊豆大島 くるみや

純和風の温泉宿がお好みなら、源泉かけ流し100%の湯宿「湯の宿 くるみや」はいかがでしょう。一切うすめず源泉をそのまま使用した温泉の泉質は、ナトリウム・塩化物温泉です。

 

この温泉は三原山の噴火の際に、井戸水が温泉に変わったという「三原山の神がくれた湯」。岩風呂の露天風呂につかりながら、満点の星が輝く夜空を眺めてはいかがでしょう。

 

食の自慢は、魚屋出身の料理長、地元新鮮な海の幸を活かした郷土料理です。ヤシの木に囲まれたエントランスや落ち着いた雰囲気の和室は、自然に囲まれ、異国情緒に浸れそう。窓辺の椅子に座り、潮風と野鳥の声を聞きながら、自然の中でゆっくりくつろげます。送迎サービスはありませんが、宿泊者にはレンタカーの割引特典があります。

 

基本情報
  • 住所:〒100-0101 東京都大島町元町字八重の水245
  • TEL:04992-2-2551
  • FAX:04992-2-2552
  • アクセス:元町港から車で5分、岡田港から車で15分、大島空港から車で6分
  • URL:https://ooshima-kurumiya.com

 

源泉かけ流し 湯の宿 くるみや <大島>
〒100-0101
東京都 大島町元町八重の水245
楽天トラベル
1泊 8,000円~ (税抜)

5位 大島温泉ホテル

記事987 大島温泉ホテル

大島のシンボル、三原山の外輪山に位置する「大島温泉ホテル」。ホテル周辺には散策コースがいくつもあり、ハイキングやサイクリング後の温泉は格別です。

 

露天風呂からは、目の前の原生林越しに雄大な三原山の絶景がひろがります。温泉の泉質は、単純温泉(無色透明)で、豊富な湯量を誇るかけ流し。客室のお風呂でも源泉100%の温泉を堪能できます。

 

ホテルの食事では、黒潮の恩恵を受けた海の幸をはじめ、郷土料理“べっこう寿司”や名物“椿フォンデュ”を楽しみたいところ。屋上にオープンした、三原山を一望する”三原山テラス”は、夜になれば星空観望スペースとして人気です。

 

40室ある客室は全て和室。山側の部屋からは樹海に続く三原山を、海側の部屋からは遠く太平洋・伊豆半島・富士山を望めます。館内全館、全客室にてWi-FI対応なのもポイントです。

 

基本情報
  • 住所:〒100-0103 東京都大島町泉津字木積場3-5
  • TEL:04992-2-1673
  • FAX:04992-2-2759
  • アクセス:元町港から車で20分・岡田港から車で20分・大島空港から車で20分
  • URL:http://www.oshima-onsen.co.jp/furo.html

 

 

大島温泉 大島温泉ホテル <大島>
〒100-0103
東京都 大島大島町泉津字木積場3-5
楽天トラベル
1泊 7,000円~ (税抜)

 

まだある!スタッフおすすめの宿

イメージ

伊豆大島には、ランキングのほかにも、リゾートらしさを感じられるようなホテルもあります。合宿向けなどのカジュアルで学生向けの宿も多くありますが、ここではリゾート気分を満喫できる個性的なホテルをご紹介。大人のリゾートを楽しむのもよし、家族連れやグループ旅行で気兼ねなくワイワイと楽しむのもよし、シーンに合わせてホテルを検討してみましょう。

 

伊豆大島ホテル&リゾート マシオ

記事1014 伊豆大島 伊豆大島ホテル&リゾート マシオ

大島の豊かな自然の中、山の中腹に位置する「マシオ ホテル&リゾート」の客室は、たったの3室ながらすべてオーシャンビュー。ゲストルームは、木目調インテリアのアジアンテイスト(30㎡)+テラス(7㎡)・らせん階段のあるメゾネットタイプの(58㎡)+テラス(11㎡)・琉球畳がおちつく和風モダン(46㎡)+テラス(11㎡)の異なるスタイルです。

 

どの部屋も充実のアメニティとCD&MDデッキ・NET光回線がそろった快適な空間。特産の椿オイルを使ったリラクゼーションプログラムが楽しめる、エステルームもあります。

 

レストランでは、大島の新鮮食材の良さを活かしながら、中国陰陽五行説による5色の食材を取り入れた創作料理を味わって。富士山を眺めながら、一味違う大人のリゾートライフを過ごしたい方におすすめです。

 

基本情報
  • 住所:〒100-0101東京都大島町元町大洞492-1
  • TEL:04992-2-7317
  • FAX:04992-2-7318
  • アクセス:元町から車で約6分・岡田港から15分・大島空港から約9分
  • URL:http://www.mashio.com/

 

伊豆大島 ホテル&リゾート マシオ <大島>
〒100-0101
東京都 大島町元町大洞492-1
楽天トラベル
1泊 11,000円~ (税抜)

でんハウス

記事1014 伊豆大島 でんハウス

「でんハウス」は、系列のマシオ・リゾートが民家を1軒まるごとリノベーションした、1組限定貸し切りの宿です。マシオ・リゾートでは利用できない未就学児の利用もOK。Wi-Fi・TV(地デジ・BS・CS)・ポータブルスピーカー(Bluetooth)・エアコン・キッチン・食器各種が備え付けられています。まさに大島に暮らすように泊まるスタイル。

 

島の中心である元町エリアにあるため、温泉やビーチ、スーパー等も徒歩圏内という便利な立地です。部屋内のキッチンでの料理や、敷地内でバーベキューも楽しみのひとつ。近隣に食事処も多くあります。椿オイルを贅沢に使った全身のマッサージやオールハンドのフェイシャルなど、リラクゼーションも試す価値あり。

 

トレッキングなどのフィールドアクティビティはもちろん、体験ダイビングをはじめマリンアクティビティのプログラムも充実しています。

 

基本情報
  • 住所:〒100-0101 東京都大島町元町4丁目19-4
  • TEL:04992-2-7317(マシオ・リゾート内)
  • FAX:04992-2-7318(マシオ・リゾート内)
  • アクセス:元町港から車で4分・岡田港から車で11分・大島空港から車で5分
  • URL:http://den-house.com/

でんハウス <大島>
〒100-0101
東京都 大島町元町4-19-4
楽天トラベル
1泊 16,000円~ (税抜)


 

まる
わあ、大島にはいろいろなホテルがあるんだね。
しえ
アクティブに動き回るか、ゆったり自然に身を任せるか…。島でのプランによって一番使いやすいところがいいね。
まる
そうだね!ダイビングにも挑戦してみたいし、火山の加工や砂漠にも魅かれる…。でも私はやっぱり温泉ははずしたくないな! 
しえ
温泉なら日帰り温泉もよさそう!せっかく行くなら、三原山のパワーをたっぷり浴びたいね!
テスト画像
大島はレンタカーやバスなどで移動すれば、いろんな観光スポットを回れるよ!

眺めのいいラグジュアリーなリゾートホテルや、クラシカルな温泉宿、新感覚の宿もオープンしているから、早めにお気に入りのホテルを押さえてね。

 

 

伊豆七島 大島
2024-04-08 17:30:05
伊豆大島は伊豆諸島の中でもっとも東京に近く、そして一番大きい島です。島内はざっくり元町、岡田、波浮の3地区にわけられ、...

車
2023-04-03 17:38:29
東京都内の離島、伊豆七島。中でも伊豆大島は、東京から最も近い伊豆諸島の離島として人気です。   東京竹芝桟橋から約...

 

トリッパー編集部

この記事を書いた人 トリッパー編集部

他の記事を見る

トリッパーを運営する株式会社トラベルマルシェのスタッフです。国内の北海道から沖縄までの旅行情報を発信し、皆様に楽しくなる旅行情報をお届けします。

follow!