新島旅行のベストシーズンは?オススメの時期を紹介します

新島旅行のベストシーズンは?オススメの時期を紹介します

記事更新日: 2023-04-30

羽伏浦海岸 新島

長く続く清らかなビーチや、歴史を語る寺社、そして異国風の建築物や温泉と、さまざまな魅力がぎっしりと詰まった新島(にいじま)。観光目的なら、いつ訪れても退屈しない島です。

 

すぐそばには、いくつもの温泉を持つ式根島(しきねじま)もあり、連絡船で気軽に遊びに行くこともできます。

 

沖縄に負けないほど透明感のある海で遊ぶなら、おすすめの時期は7月から9月です。真夏の新島は都心よりも最高気温が低く、都会のアスファルトの熱気に悩まされる7月や8月は、特に心地よくすごせるでしょう。

 

そんな真夏に行きたいビーチや、季節を問わず楽しめる温泉などの観光情報と新島の気候を、まとめてご紹介します。

 

 

しえ
新島に行くなら、いつがおすすめ?海で遊べる夏か、温泉がうれしい冬か、今ちょっと迷ってるの。
ベル
混雑を避けてゆっくり観光したいなら、夏以外の季節かな。でも、やっぱり海にも行きたいんじゃない?
まる
うん、うん!新島って、けっこう南の島みたいなイメージがあるけどさ、沖縄みたいにすごく早い時期から泳げたりする?
ベル
さすがに、そこまで気温は違わないよ。とりあえず7月と8月は安心、9月も意外と大丈夫……って感じかな。

 

新島の行き方・アクセス
2023-09-28 18:02:17
  新島へ行く方法はジェット船・大型客船・飛行機の3種類! 新島(にいじま)は、大き...

新島 Hostel NABLA
2022-02-11 16:21:38
伊豆諸島のほぼ中心に位置する「新島」。東京からはおよそ160km。面積は23.87㎢の島の特徴は、何といっても青い海と白い砂浜...

伊豆 新島 羽伏浦展望台
2023-04-03 12:13:43
“東京の宝島”高速船で気軽に行けるリゾートアイランド『伊豆七島』。中でも良質な波に恵まれ、サーフィンのメッカとして有名...

ベストシーズンは7~9月! 輝く砂浜を歩こう!

伊豆 新島 羽伏浦展望台

新島は、伊豆半島から見ると伊豆大島・利島に続く3番目の島で、伊豆大島とは最も近い所で30kmほど離れています。そのため気候には若干違いがあり、全体的に降水量は伊豆大島より少なめで、特に6月と9月は大幅に少なくなっています。

 

都心と比較した場合、(これは伊豆大島も同じですが)新島の方が夏は多少気温が低く、冬は逆にすこし暖かいぐらいで、年間の気温変化に大きな違いはありません。

 

降水量は、ほとんどの月が都心の値より50mm以上多くなっています。例外は9月と10月で、9月は都心よりわずかに少なく、10月は他の月よりも大幅に(=都心の値+130mmほど)増えます。

 

10月に入っても、平均気温はまだ20.1度とそこまで寒くはないのですが、この雨のことを考えると、海を中心とした計画はおすすめできません。

 

一方、本格的な夏に入る手前の6月は、降水量が特別多いわけではなく、平均気温21.8度・最高気温24.4度と、それなりに暖かくなります。しかし、7月になれば気温が3~4度上昇するため、できればここまで待つ方が確実です。

 

まとめると、7月から9月頃が海遊びのおすすめの時期となります。

 

羽伏浦海岸 新島

この時期に行ってみたい、新島を代表するビーチは、巨大な白いメインゲートが印象的な「羽伏浦(はぶしうら)海岸」です。

 

伊豆 新島 羽伏浦海岸

北端に位置するこのゲートから南へ向かって約7km、長く美しい砂浜が続いています。島の東側にあるこのビーチにはサーフィンに適した波が打ち寄せるため、大規模な大会もしばしば開かれます。もちろん、一般的な海水浴の場としてもおすすめです。

 

大型客船やジェット船の使用する島の西側の「新島港(=宿の多いエリア)」からの走行距離も(縦に細長い島を横断する形で)4km弱と、アクセスの良さも魅力です。

 

また、2018年まで毎年大きな音楽イベントの舞台として知られ、現在は落ち着いた雰囲気になっている「和田浜」のように、混雑の少ないビーチもあります。昼はのんびりと海水浴や散策を、夜は静かな空間での星空鑑賞を楽しめるため、こちらも候補に入れておきたいビーチです。

 

伊豆 新島 湯の浜露天温泉

和田浜の近くには無料の温泉「湯の浜露天温泉」があり、海や夜空を眺めながら入浴ができるスポットとして人気があります。こちらは水着必須の温泉ですが、夏に和田浜へ行くついでに寄れば、水着の用意を忘れる心配はありません。

 

この温泉の目印であり、すこし変わった雰囲気をかもし出しているのが、海外の神殿のような建物です。

 

光と風と波の塔 新島

古びた塔の残骸のようなデザインの「光と風と波の塔」や、新島から渋谷などに寄贈された「モヤイ像」など、新島には海外の島を思わせる写真を撮影できるスポットがいくつもあります。

 

 

こうした撮影スポットや、島の歴史が刻まれた「長栄寺(ちょうえいじ)」、伊豆諸島最大規模の神社とされる「十三社(じゅうさんしゃ)神社」など、島内観光を中心とするなら、あえて人の多い夏を避けるのも一つの手です。

 

その際は連絡船で式根島へ渡り、そちらのユニークな温泉もセットで楽しむというプランも考えられます。

 

 

 

しえ
新島と式根島って、地図で見るとびっくりするぐらい近いのね。
ベル
うん、連絡船が1日3~4便だから、すこし移動のタイミングを考える必要はあるけど、新島に泊まって二つの島で遊ぶのは、意外と簡単なはずだよ。
まる
へぇ~。今回はビーチで遊ぶだけで終わりそうだけど、次に行きたくなった時のために、そのこともちゃんと覚えておくね。
ベル
ハハ、その時はまた聞いてくれればいいよ。まずは夏の新島の透明な海を楽しんできてね!

 

 

トリッパー編集部

この記事を書いた人 トリッパー編集部

他の記事を見る

トリッパーを運営する株式会社トラベルマルシェのスタッフです。国内の北海道から沖縄までの旅行情報を発信し、皆様に楽しくなる旅行情報をお届けします。

follow!