沖縄県の道の駅「おんなの駅」で絶対食べたいグルメはこれだ!

沖縄県の道の駅「おんなの駅」で絶対食べたいグルメはこれだ!

記事更新日: 2016-04-25

沖縄県の道の駅「おんなの駅」で絶対食べたいグルメはこれだ!

旅のガイドブックを眺めていると、おいしそうな沖縄グルメが満載! あれもこれも絶対食べたい! でも、日程は限られているし、制覇は難しそう。そんなときに便利なのが「道の駅」です。沖縄ならではの食事からスイーツまでなんでも揃い、味のレベルも高いとくれば、これは外せません。そこで今回は、沖縄県の道の駅のひとつ、「おんなの駅 なかゆくい市場」(国頭郡恩納村)のおすすめグルメをご紹介します。

がっつり&さっぱりが味わえるお食事屋台

沖縄県の道の駅「おんなの駅」で絶対食べたいグルメはこれだ!

しっかり食べたいけれど、重たすぎる食事はちょっとというかたには、「豚三郎(とんさぶろう)」の「てびち唐あげ」がおすすめ。「てびち」とは、豚足を煮込んだ沖縄伝統料理のひとつ。初めて食べる方は「豚足!?」と驚くかもしれませんが、ほかの肉より低脂質なのにコラーゲンを多く含むことから、沖縄では人気の食材です。こちらでは、「てびち」を唐あげにし、さらに秘伝の南蛮黒酢たれにくぐらせています。すると、飴色のおいしそうなビジュアルに大変身!注文の際は、皮がパリッとしている揚げたてをリクエストするのがコツ。皮のパリパリ感と、コラーゲン部分のとろっとした食感の組み合わせが絶妙で、食べ始めたら止まらなくなるかも?

沖縄県の道の駅「おんなの駅」で絶対食べたいグルメはこれだ!

軽くてさっぱりとしたものがお好みなら「冷やし沖縄そば」を注文しましょう。トッピングは、とろとろに煮込まれた軟骨ソーキと、あっさり上品な味の紅豚あぐーの2種類から選択できます。しっかりした出汁の味わいと、つるっとした冷たい麺の相性が抜群で、あっという間に完食まちがいなしの一品です。

沖縄県の道の駅「おんなの駅」で絶対食べたいグルメはこれだ!

「豚三郎」は、うるま市石川にある沖縄季節料理の店「榮料理店」が経営する屋台。人気メニューのてびち唐あげをもっと多くの人に味わってもらいたいと、豚足専門店として「豚三郎」を始めたのだとか。本格料理店の味が道の駅で楽しめるなんて、これは食べなければ損ですよね。

ほんわか懐かしい味のサータアンダギー

「豚三郎」の隣の店、「三矢本舗」は、沖縄ローカルスイーツの代表「サータアンダギー」の有名店。プレーンのほか、黒糖、紅芋、パイナップルなど、女子心をくすぐる味が揃います。

沖縄県の道の駅「おんなの駅」で絶対食べたいグルメはこれだ!

沖縄県の道の駅「おんなの駅」で絶対食べたいグルメはこれだ!

随時、揚げたてを追加しているので、迷ったら揚げたてのものを選びましょう! 一口頬張れば、外側はサクサク、中身はふわっふわ。ほんわかした懐かしい甘さに包まれます。まん丸の形をした「ドラゴンボール」は、時間限定品。こちらは、生地にタピオカ粉を混ぜ込んであり、もっちりとした食感が特徴。販売されていたら、迷わずゲットしましょう!

豪快すぎるフルーツでか盛りのかき氷

おんなの駅の「琉冰(りゅうぴん)」はよくメディアにも登場する有名店。トロピカルフルーツてんこ盛りのアイスマウンテン(かき氷)は、期待を裏切らないおいしさです。季節によってフルーツは異なりますが、マンゴーやパイナップルのほか、ドラゴンフルーツ、パッションフルーツといった変わり種のかき氷も! シロップが甘さ控えめなので、フルーツの甘さが際立ちます。2~3人でシェアすれば、溶けきる前においしく完食できますよ。

沖縄県の道の駅「おんなの駅」で絶対食べたいグルメはこれだ!

沖縄県の道の駅「おんなの駅」で絶対食べたいグルメはこれだ!

沖縄県の道の駅「おんなの駅」で絶対食べたいグルメはこれだ!

旅の途中に気軽に立ち寄れる「道の駅」。待ち時間も少なく、1ヶ所で食事からスイーツまで、沖縄らしいご当地メニューを試すことができるので得した気分に。友達同士で食べたいものが違っても、それぞれ好みに合ったものを注文できるのも良いところですよね。ぜひ、あなたの一押しメニューを探してください。

 

沖縄県の道の駅「おんなの駅」で絶対食べたいグルメはこれだ!

五十川香

この記事を書いた人 いそがわかおり

他の記事を見る

海外政府の観光局にて、12年勤務。主に、メディア取材のコーディネートや、旅行会社への企画提案などを担当。現在はライター、ときどき翻訳者。出張や取材であちこち出向き、プライベートでも旅行好き。毎年、リゾートを旅するが、特に沖縄にはまっている。趣味は、服を縫うこと。特技、プレゼン。

follow!