日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

記事更新日: 2016-04-22

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

「日本三大がっかり名所」トップ争いの常連「はりまや橋」ですが、写真を撮っている人の姿は絶えません。がっかりと言われながらも、観光客が訪れることに逆に興味が湧いてきます。どれほどのがっかり度なの?本当に見どころはないの?お金もかからない、格安観光スポット「はりまや橋」を歩いてきました。

真っ赤な欄干が可愛いリトルブリッジ

「はりまや橋」は、高知駅から南に800mの中心地。とってもアクセスがいいですね。オモチャのように小さな橋ですが、朱色の橋は日本情緒たっぷりです。

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

がっかりと言われがちですが、被写体としてとても魅力的なんですね!多くの人が写真を撮っているのもうなずけます。

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

少し人垣ができていたので行ってみると、高知のゆるキャラ「とさけんぴ」がいました。この面白い名前の由来は「土佐犬」×「名物けんぴ」なんですよ。頭の上に「はりまや橋」を乗せて、化粧まわしにはよさこいの鳴子を挟んでいます。橋の上で四股を踏むようなポーズをとって、つかみはバッチリ!笑いが起こっていました。

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

「とさけんぴ」のパフォーマンスはとても可愛らしく、はたきで「はりまや橋」のお掃除をしたりもしていました。今回は行ったときにたまたま出会えたのでラッキーでしたが、大体は月に2回、土曜の夜7時位に出没するそうです。会いたい人はFacebookの「とさけんぴ」でチェックしてくださいね。

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

橋の周りにいるキャラクターを探そう

「はりまや橋」の周りでは、みんなが知っている全国区のキャラクター達にも会えるんですよ。見つけると笑顔になっちゃいます。「はりまや橋」のすぐ近くには、 アンパンマンとジャムおじさんが。今日も街の平和を守っています。なぜここにアンパンマンがいるのかというと、生みの親である「やなせたかし」先生が、なんと高知県出身なのです。

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

バイキンマンとドキンちゃんコンビも見っけ!

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

ナ・ン・ト!「カワイイ」の代名詞といっても過言ではないキティちゃんも発見。「はりまや橋」の上でかんざしを持っていました。「はりまや橋」に伝わる江戸時代の悲恋話の主人公「お馬さん」のまねっこかな?

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

アンパンマンはいつでも見ることができますが、キティちゃんは京町アーケードにあるショップ前に飾られているため、お店の閉店時は見られませんのでご注意を。

観光名所がぎっしり詰まったからくり時計

「はりまや橋」から道路を挟んだ東側にあるからくり時計も必見です。一時間ごとに仕掛けが動くそうなので、長い針が12時にくるのを見上げながら待ってみます。まずは普通の状態から。可愛い音で「よさこい祭り」の音楽が流れてきました。ワクワク!

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

初めに時計の上から高知城がせり上がってきましたよ。次に時計の下から、よさこいを踊る人々が出てきます。ちゃんと踊っているように動くので、とても面白いです。さらに9時方向からは桂浜を従えて坂本龍馬さん、3時方向からは「はりまや橋」を歩く「お馬さん」と、「お馬さん」を追いかけて出てくるお坊さん。これでもかっ!と高知の見どころを一挙に披露してくれました。

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

まだまだあります♪「はりまや橋」周辺の見どころ

からくり時計の北隣りには、復元された明治時代の「はりまや橋」がありました。見慣れた朱色の橋と違う魅力があり、レトロ感が漂っています。手前は昭和の大ヒット曲「南国土佐を後にして」の歌碑。なぜクジラのモニュメントなのだろう?と後から調べてみたら、高知を懐かしみ戦地でこの歌の原曲を歌っていた部隊が、「鯨部隊」と呼ばれていたのですね。

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

高知市の中心部にある「はりまや橋」の周辺には、いくつものアーケード街が集まっています。お土産屋さんもたくさん並んでいるので、気ままにショッピングが楽しめそう。特に「はりまやばし商店街」のアーケードは、珍しい木造で粋な雰囲気でした。

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

「はりまや橋」いかがでしたか?橋自体はちょっと小ぶりですが、風情は抜群。ご紹介してきたように、周辺には見どころがいっぱいです。そしてなんといっても「はりまや橋」は高知市のまさにど真ん中。現存する中では日本最古の路面電車「土電(とでん)」が東西南北に行き交う、交通の要所でもあるのです。つまり高知の観光は「はりまや橋」から、と言っても過言ではありません。電車通りからアクセスのよい観光スポットは「高知城」、「高知市立自由民権記念館」、「日曜市」、高知駅構内にある「幕末志士社中」などたくさんありますよ!全然「がっかり」じゃない、「はりまや橋」のいいところ、ぜひ見つけに行ってくださいね。

日本三大がっかり名所ってホント?いまどきの「はりまや橋」

スポット情報

はりまや橋

住所:高知県高知市はりまや町1-1

アクセス:JR高知駅から徒歩約10分

トリッパー編集部

この記事を書いた人 トリッパー編集部

他の記事を見る

トリッパーを運営する株式会社トラベルマルシェのスタッフです。国内の北海道から沖縄までの旅行情報を発信し、皆様に楽しくなる旅行情報をお届けします。

follow!