一番沖縄らしさを感じられる離島・竹富島で過ごす休日

一番沖縄らしさを感じられる離島・竹富島で過ごす休日

記事更新日: 2015-09-12

ayu-r(mia) 一番沖縄らしさを感じられる離島 竹富島

ayu-r(mia) 一番沖縄らしさを感じられる離島 竹富島

沖縄県八重山諸島の竹富島は石垣島から6km、高速船で10分ほどの位置にある小さな離島です。

「長寿の島」「文化遺産の島」「蝶の舞う島」など様々な呼び名を持つ竹富島は実は最も沖縄らしい風景を楽しめる島として人気です。

 

■珊瑚を敷き詰めた町並みを水牛車で散策

竹富島 水牛

竹富島を訪れたらまず楽しみたいのがその町並み。竹富島はほぼ全体が隆起珊瑚礁によって形成されており、路地には砕いた珊瑚が敷き詰められています。

この白砂は毎朝住民がきれいに掃除をし、また風で砂浜に流れていってしまったものを定期的に集めて補修することで美しく保たれています。

もうひとつの魅力が赤瓦の平屋の家々です。景観をとても大切にしている竹富島では新築する際にも同じく赤瓦の平屋であることが義務づけられています。

町並みを堪能するならば徒歩やサイクリングもいいけれどおすすめは水牛車。大きな水牛に引かれながら、ガイドの説明を受けることができます。

にぎやかで国際色豊かな那覇や石垣もいいけれど、「これぞ沖縄!」といった島ののんびりした景色を堪能したい方にぴったりのミニツアーです。

 

■美しい海は外せない

ayu-r(mia) 一番沖縄らしさを感じられる離島 コンドイ

沖縄といえば美しい海が有名ですが、竹富島にもおすすめしたいビーチがあります。

ひとつは「コンドイビーチ」。島の西側に位置し、白砂の海岸と透明度の高いエメラルドグリーンの海を楽しむことができます。

浜伝いに島を北上すれば、絶景の夕日が眺められるスポットとして人気の西桟橋があります。

もうひとつの海が「カイジ浜」です。今度はコンドイビーチから南に歩いていってみましょう。

少しザラザラとした砂浜には現在は減ってしまいましたが星砂、別名「太陽の砂」も混ざっています。

観光客・海水浴客が多いコンドイビーチに比べるとあまり人が多くないため、静かに海を眺めたいときにもうってつけです。

 

■猫島としても有名

竹富島に旅行に訪れる人の中には島の別の顔を楽しみにしている人も少なくありません。それは多くの猫がのんびりと暮らす「猫島」としての魅力です。

民家の石垣の上、白砂の路地、そして美しい砂浜のベンチ……。意識して探そうとしなくてもどこからともなくふらりと猫たちが現れます。

有名動物写真家や猫写真愛好家たちが多く訪れているのも納得。人馴れしているのか、特に逃げる様子もなくいつもどおりの姿を見せてくれます。ゆったりとした南国の時間は猫たちにも共通のようです。

トリッパー編集部

この記事を書いた人 トリッパー編集部

他の記事を見る

トリッパーを運営する株式会社トラベルマルシェのスタッフです。国内の北海道から沖縄までの旅行情報を発信し、皆様に楽しくなる旅行情報をお届けします。

follow!