伊豆七島で海水浴にオススメのビーチランキング!

伊豆七島で海水浴にオススメのビーチランキング!

記事更新日: 2021-04-03

神津島 前浜海岸

離島と聞くと、沖縄を連想される方が多いかもしれません。しかし、東京にも素晴らしい島があります。そう、伊豆諸島です。

 

本土から最も近い「伊豆大島」で東京・竹芝より船で約105分。太平洋の青い海に囲まれた島々は自然がいっぱいなリゾート地。約100の島が損愛しますが、かつて有人島が7つであったことから別名「伊豆七島」とも呼ばれています。

 

現在は9つの島に人が定住しています。 今回はそんな、都内から気軽に行けるリゾート島「伊豆七島」の美しいビーチの中から、特にオススメをランキングをお届けします。

 

 

まる
は~このところ残業ばっかり……青い海、美しい緑、きれいな空気の楽園はどこだ~!!
しえ
あ、じゃあ今度の休みは沖縄に行かない?
まる
暑いのはやだ!遠すぎる移動もしんどい!えーん!
しえ
わがままだなぁ。でも、それなら最適なところがあるよ。伊豆七島はどう?気温もそんなに高くないし、同じ都内だから気軽じゃない?
ベル
さすがしえちゃん、よくご存知で!それじゃ僕が、伊豆七島のビーチからオススメをご紹介していきまーす♪

 

伊豆七島 八丈島 ダイビング
2022-05-19 16:24:47
碧い海、新鮮な海の幸、海中温泉、白い砂浜、神秘の景観、亜熱帯リゾート、イルカに出会える秘境の島、景色を想像するだけで...

1位 泊海水浴場 式根島

伊豆 式根島 泊海水浴場

式根島の「泊(とまり)海水浴場」は、野伏港から歩いて5分という便利なロケーション。入江にあるビーチで、ぐるりと岩に囲まれた様子はジブリ映画に出てきそうな雰囲気でSNS映え間違いなし。

 

式根島の海は驚くほど透明度が高く、白い砂と青い海のグラデーションは沖縄に負けず劣らずの美しさで小魚たちの泳ぐ姿も見られます。入江にあるので波もおだやか。ちびっこの水遊びにも安心です。

 

夏には砂浜に売店が出、ライフセーバーも配置され、安全で便利な環境。脱衣所、シャワーやトイレもありますよ。

 

伊豆 式根島 ダイビング
2022-05-20 16:47:06
“東京の宝島”高速船で気軽に行けるリゾートアイランド『伊豆七島』。その中でも波が穏やかで美しいリアス式海岸で有名な『式...

 

2位 前浜海水浴場 神津島

神津島 前浜海岸

白い砂浜といえばこちらは外せません。神津島(こうづしま)の「前浜海水浴場」です。

 

神津島港から約1kmにわたって続く、白砂のビーチです。これほど真っ白な砂浜は伊豆諸島では実は珍しい存在。村落や宿も徒歩圏内にあるので、気軽に泳ぎに出られるのが魅力。商店や食堂へのアクセスも困りません。

 

ビーチが長いので、貝殻などを拾うビーチコーミングや散策にもピッタリ。トイレやシャワー、海の家、自販機なども完備。神津島の西にあるため、水平線に沈みゆく夕日の名所となっています。

 

神津島の行き方・アクセス
2022-04-30 16:08:17
神津島へはジェット船・大型客船・飛行機で! 神津島(こうづしま)は、爽快な飛...

神津島 千両池
2021-06-09 12:47:48
「東京の宝島」と名高い、高速船で気軽に行けるリゾートアイランド「伊豆七島」。その中の1つである「神津島」は、「伊豆諸...

 

3位 羽伏浦海岸 新島

伊豆 新島 羽伏浦海岸

サーフィンをしたいなら新島の「羽伏浦海岸」がオススメ。新島を代表するこの海岸は、南北に約7kmにもわたって続く長ーいビーチです。

 

夏にはライフガードタワーともなる真っ白なメインゲートは結婚式も行われる見晴らしのいい場所。青い海との対比で、映えるフォトスポットにもなります。

 

ハワイのノースショアにも匹敵する波が、サーフィンにピッタリ。毎年、サーフィンの大会も行われており、国内外からプロアマ問わずサーファーが訪れます。フィッシングにも◎です。

 

新島の行き方・アクセス
2021-06-09 14:44:09
  新島へ行く方法はジェット船・大型客船・飛行機の3種類! 新島(にいじま)は、大き...

伊豆 新島 羽伏浦展望台
2021-06-09 13:11:31
“東京の宝島”高速船で気軽に行けるリゾートアイランド『伊豆七島』。中でも良質な波に恵まれ、サーフィンのメッカとして有名...

 

4位 弘法浜 大島

弘法浜 大島

本土からもっとも気軽に来られる島、大島の「弘法浜」。島でいちばんの賑わいをみせるメインビーチで海水浴客が多くやってきます。

 

夏には海水の無料プール「弘法浜サンセットプール」も設置され、小さなお子様も安心して遊ばせることができます。

 

砂浜は火山由来の黒い砂なので上位と比べると「青い海」という感じには見えませんが、水は透明度が高くいかにも勇壮な伊豆七島らしい景色です。ビーチへは元町港より徒歩10分。シャワーや更衣室、夏は海の家も登場します。夏にはライフガードも駐在。

 

5位 日の出浜 大島

伊豆大島 日の出浜

 

同じく大島の「日の出浜」。こちらは名前の通り、日の出が拝めるビーチです。人工のビーチとなっており消波ブロックが設置されている遠浅の海なので、波はおだやかで小さなお子様も安心。

 

岡田港からは徒歩2分、駐車場から徒歩50mほど。桟橋が近く、フィッシングにも好まれています。トイレ、シャワー、更衣室、売店なども完備。

 

伊豆大島の行き方・アクセス
2022-04-02 16:00:59
  伊豆大島への行き方は3種類 映画の中のような風景が広がる「裏砂漠」、大きな力を...

伊豆七島 大島
2021-12-25 15:47:50
伊豆大島は伊豆諸島の中でもっとも東京に近く、そして一番大きい島です。島内はざっくり元町、岡田、波浮の3地区にわけられ、...

 

6位 底土海水浴場 八丈島

底土海水浴場 八丈島

八丈島のメインビーチ「底土海水浴場」は岩が多い地形から、抜群の透明度を誇る海が楽しめます。

 

波は荒目ですが、シュノーケルやダイビングに最適。温暖な黒潮のめぐみによって熱帯魚や回遊魚、運が良ければウミガメまで、たくさんの生き物を観測することができます。

 

ファミリーには磯遊びも人気です。シャワーやトイレ、更衣室、マリングッズレンタル等、夏には海の家も登場。底土港すぐ横、キャンプ場も間近でアクセスしやすい立地です。

 

 

伊豆七島 八丈島 ダイビング

伊豆七島には上記ランキング以外にも、まだまだたくさんの魅力的なビーチが揃っています。穴場スポットでもあり、混雑を避けたい方は下記も参考に、ぜひお気に入りのビーチをぜひ探してみてください。

 

 

沢尻湾海水浴場 神津島

沢尻湾海水浴場 神津島

湾内にあり、消波ブロックが設置されているおだやかな海が楽しめる「沢尻湾海水浴場」。砂地なのでお子様の水遊びにも怪我の心配が少ない、ファミリーに人気の海水浴場となっています。

 

トイレ、水道も近く、またすぐ目の前にキャンプ場があるのでキャンパーにもオススメ。シャワーはありませんが、徒歩5分で行ける「温泉保養センター」もあって快適。

 

夏季は雷雨ガードが常駐。ビーチまでは神津島港から車で約5分です。

 

大浦海水浴場 式根島

伊豆 式根島 大浦海水浴場

式根島のサンセットビーチ「大浦海水浴場」。水平線に沈む夕日と空と海のグラデーションが美しいスポットです。

 

砂浜と岩場で構成されているので、海水浴も磯遊びもOK。混雑しにくい穴場としてもオススメ。三浦海岸駅からバスで約15分。海の家、トイレも完備されています。

 

中の浦海水浴場 式根島

伊豆 式根島 中の浦海水浴場

真っ白な砂、そしてサンゴ礁に囲まれた湾内でさまざまな魚と出会える「中の浦海水浴場」。ビーチのごく手前の浅瀬でもサンゴや生き物を見られるので小さなお子様も楽しめます。

 

ただし、岩場となるのでマリンブーツや軍手がオススメ。シュノーケリングに人気のスポットです。シャワー、トイレ、脱衣所完備。夏季は売店、ライフガード常駐です。野伏港からは徒歩30分。

 

石白川海水浴場 式根島

石白川海水浴場 式根島

式根島の「石白川海水浴場」は島の南側にあるビーチです。遠浅の湾内は波がおだやかで、潮溜まりでも海の生き物たちに出会えます。

 

また、シュノーケルやダイビングスポットとしても人気。トイレ、シャワー、夏季には売店やライフガード常駐と安心。また近くにはレストランや商店が多数あり、便利な立地です。

 

大久保浜海水浴場 三宅島

大久保浜海水浴場 三宅島

火山島らしい黒い砂浜をもつ「大久保浜海水浴場」。水の綺麗さはお墨付きで、全国有料水質ビーチ10選に選ばれたことも。

 

釣り、ウィンドサーフィン、ダイビングなどマリンスポーツやアクティビティに人気となっています。三池港からはバスで35分、バス停から徒歩5分の立地です。トイレ、シャワー、更衣室完備。

 

 

まる
こんなにキレイな海が!東京なの~!?
しえ
とっても身近に、熱帯魚やウミガメと泳げる海があるなんてうれしくなっちゃうね。島へは船で行けるのかな?
ベル
フェリーや高速船、それから飛行機で行ける島もあるよ。所要時間や料金をチェックして、希望にあった方法を選んでね。
まる
日帰りツアーなんかもあるんだね!これなら気軽に楽しめそう。早速、お得なツアーを検索だ~!
ベル
ツアーなら、伊豆七島の見どころ・観光スポットをしっかり押さえられるよ。みんなもこの夏はぜひ、身近なブルーオーシャン、伊豆七島へ出かけてみてね~!

 

 

 

トリッパー編集部

この記事を書いた人 トリッパー編集部

他の記事を見る

トリッパーを運営する株式会社トラベルマルシェのスタッフです。国内の北海道から沖縄までの旅行情報を発信し、皆様に楽しくなる旅行情報をお届けします。

follow!